清水銀行

〔西條昭司氏(元西条タクシー常務)5日急死(57)*郡山市大槻町〕 ht...清水銀行

〔山野辺美恵子さん(みのり会館社長山野辺政幸氏の妻)9日死去(59)*福島石川町〕

〔山野辺美恵子さん(みのり会館社長山野辺政幸氏の妻)9日死去(59)*福島石川町〕www.minyu-net.com/news/okuyami/FM20160910-110480.php自宅は福島・石川町双里○○。
告別式は12日正午から玉川村川辺の水晶館玉川斎場で。
喪主は夫政幸(まさゆき)氏。
***〔吉田世紀子さん(元長橋病院病棟看護師長)2016年9月5日急死(61)[いわき市小川町高萩]〕〔宇野佳治氏(「初治」代表取締役/ドラマー)2016年9月4日急死(55) 〕 〔石橋秀郎氏(石橋工業社長)2016年9月3日、 福島・郡山市鶴見坦の自宅で急死(48)〕 〔髙木桂三氏(いわき市/アルパイン技研(株)経営推進部部長) 2016年8月15日急死(51) 〕 〔村田勝利氏(茨城サービスエンジニアリング土木建築部課長) 2016年8月4日急死(57) 〕 ◎自宅:いわき市磐上湯長谷町釜ノ前○○ 〔山野邊良典氏(東邦亜鉛㈱小名浜製錬所総務課長) 2016年8月6日急死(60) 〕 〔横山茂幸氏(福島市消防本部福島消防署清水分署救急第1係長) 2016年8月2日急死(54)〕 〔村上直人氏(いわき魚類㈱塩干部加工課・課長) 2016年7月6日急死(52) 〕 林出淳一氏(大東銀行・会津支店長代理) 2016年6月20日急死(56)[福島・会津若松市] 横田政典氏(福島県警取り調べ監督業務推進室長) 2016年6月8日、福島市の自宅で急死(57)〕 〔伊東誠氏(福島市/福島県教育庁施設財産室主幹) 2016年5月27日急死(51)〕 〔菅野浩氏(福島市/福島民友新聞社総務局専門委員) 2016年5月25日、急死(47)〕 等note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n264607 から遡っていけばお分かりの通り、 特に福島・東部、北&南茨城方面の 若年層の訃報については、 1F事故後、ほぼ毎日のように 断続的に相次いでいるので、 記録を続けている当方も 特に人道感覚が若干麻痺してきており、 鎮魂の次元を通り越して もはや死者の統計上の数値としてしか 見られなくなってきました。
従って、今回の若年層の訃報も、 決して珍しいケースとはいえないどころか、 特に福島・東部、北&南茨城方面に関しては、 日常茶飯事のレベルと言えるでしょう。
なお、福島県内でも 比較的汚染レベルが低いとされる 福島・西部においても、 ↓の「汚染状況重点調査地域 」の該当地域を 中心として近年、比較的若年層の訃報(急死)も 目立ってきたように感じています。
* 近年、50代&60代はもとより、 30代&40代の訃報が激増している 異様な兆候に、戦慄を覚えます。
詳しい病名(死因)は不明ですが、 最近の(「福島県」を中心とした) 東日本広域においても、 比較的若年層の著名人の訃報 &重篤疾患の急増から推測しても、 地理的&時系列的にも、 被曝疾患としての側面が 非常に強いと言えるのではないでしょうか? 特に、チェルノブイリの経験則から、 被曝疾患の爆増期に相当する今年2016年度以降、 (若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因 のある方等)被曝感受性の強い方から順に 被曝影響が顕在化傾向にあると 言えるのではないでしょうか? PS 〔除染対象の8県102市町村公表 費用は原則国が負担〕 (朝日新聞 2011年12月19日)www.asahi.com/special/10005/TKY201112190517.html 東京電力福島第一原発の事故による放射能汚染で、 環境省は19日、 東北・関東地方の8県の102市町村を 国から除染の財政支援が受けられる 「汚染状況重点調査地域」に指定した。
放射線量が毎時0.23マイクロシーベルト以上で 事故による追加被曝線量が 年間1ミリシーベルトを超える区域があることが条件。
同省が事前に市町村に指定を受けるかどうか尋ねていた。
指定されるのは 岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉県 の市町村。
2012年1月に本格施行される 放射性物質汚染対処特別措置法によって、 市町村が地表から1メートルのところで 0.23マイクロシーベルト以上になる区域を選んで 除染計画を立てる。
すでに除染を始めている場合も対象。
線量の測定や除染に直接関係する費用は原則、国が負担する。
略 また、福島第一原発から20キロ圏内の警戒区域や、 線量が年間20ミリシーベルトを超える計画的避難区域の 11市町村を国が直接除染する「除染特別地域」に指定した。
■汚染状況重点調査地域 【福島県】 福島市、郡山市、いわき市、白河市、須賀川市、相馬市、 二本松市、伊達市、 本宮市、桑折町、国見町、大玉村、鏡石町、天栄村、 会津坂下町、湯川村、 三島町、昭和村、会津美里町、西郷村、泉崎村、中島村、 矢吹町、棚倉町、 矢祭町、塙町、鮫川村、石川町★★、玉川村、平田村、 浅川町、古殿町、三春町、 小野町、広野町、新地町。
*田村市、南相馬市、川俣町、川内村は 警戒区域や計画的避難区域もあるが、 そうした区域以外の地域 。
■除染特別地域 【福島県】楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村。
略。
補足〔突然死:約5万人/年(2010)⇒約11万6660人/年(2014)〕detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315375895... 【セシウムの心臓へのリスクを警告】 「僅か20-30Bq/kgでも心拍異常が発生。
それが突然死の原因になりうる。
」 (ベラルーシ・バンダジェフスキー博士) <ベラルーシ基準(WBC)> 一般成人: 「危険レベル」:200Bq/kg 「注意レベル」:70Bq/kg 〔但し、生殖活動期の男女(特に20代、30代) 「注意レベル」:50Bq/kg〕 子供: 「危険レベル」:50Bq/kg 「注意レベル」:20Bq/kg ~「事実を知るには勇気がいる」~ (チャールズ・ロバート・ダーウィン) 〔福島で急増するガンと心疾患 / 武田 邦彦・中部大学教授〕 (2014年11月25日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n322212 ~参考~ [福島県で急増する「死の病」の正体を追う! ~セシウム汚染と「急性心筋梗塞」多発地帯の因果関係~【第1回】] (月間「宝島」2014年8月26日) [福島県でなぜ「ガン死」が増加しているのか? ~誰も書けなかった福島原発事故の健康被害~【第2回】] (月間「宝島」2014年8月26日)

●60歳過ぎて胃癌で死ねば放射脳のせい。
●70歳過ぎて脳梗塞になっても放射脳のせい。
●競馬の騎手が落馬したのは放射脳のせい。
●転んで怪我したのは放射脳のせい。
●自殺で死んでも放射脳のせい。
●70歳過ぎて心筋梗塞になっても放射脳のせい。
●登山で遭難死しても放射脳のせい。
●性同一性障害も放射能のせい。
●マグロがでかいのは放射脳のせい。
●パンダが発情しないのは放射脳のせい。
●尿路結石は放射脳のせい。
●鼻血が出るのは放射脳のせい。
●ヘリウムガスの吸い過ぎで倒れたのは放射脳のせい。
●若くして乳がんで死んだのは放射脳のせい。
●2009年から罹患してた白血病で死んだのは放射脳のせい。
●水族館のマグロが次々死んだのは放射脳のせい。
●何だか分からないけど心不全は放射脳のせい。
●88歳のバアさんが心不全で死んだのは放射脳のせい。
●ギックリ腰になったのは放射脳のせい。
●芸能人の息子が転落死したのは放射脳のせい。
●越後湯沢の中古マンションが売れないのは放射脳のせい。
●三船美佳が離婚したのは放射脳のせい。
●『ブラックジャック』の“人面瘡”は放射脳のせい。
●中高生女子の飲酒が多いのは放射脳のせい。
●上野動物園で大型動物が死んだのは放射脳のせい。
●若ハゲも放射脳のせい。
etcetcとにかく人が死ぬのは全部が放射脳のせい。
ついでに魚が死ぬのも全部放射脳のせい。
放射脳の バ カ さ加減が良く理解できました。

現在の日本政府による施策では、国家の作った公害として国家が隠蔽する構造になっており、庶民は風土病として各々が防衛するしかありません。
別に核兵器を装備している国家や原発に関わっている国家では珍しい事ではなく、人々の慾望の陰部として福島程度の問題は地球上に30ヶ所以上あります。
オール電化から電気自動車、水素自動車にリニア。 全て楽に 安く 便利に 速くと言う人々の慾望を煽って商売する企業や、そこから税収を得たりバックマージンがある利権と言う構造的な問題があります。
粛々とした貴殿の怒りの投稿に載れる人はまだしも。。。
卵母細胞のうちに汚染され破壊されたり、受精卵の状態で消される見えない殺人も多々あるでしょう。
子ども達の次世代にも時限爆弾を埋め込んだ形ですが、それも私たちが消えた後に殺人自体は発生します。
死人に口なし は最悪の殺し屋悪魔の所業です。。。
目に見えず匂いも音も無い と言う
原爆投下より卑劣な攻撃を同胞から受ける自滅の道について、自分の中にも居る悪魔ときちんと人々が向き合って闘わないと、因果応報これからもっと酷い結果が訪れるのでしょう。
現在生きて居るニホンジン・死んだニホンジンは死ぬが当然。
なぜなら、我慾に目が曇り、原発政策を掲げた政党や止める事が出来なかった政党を支持して自爆したのは当然の報い。 またそんなアホで地球を汚染した罪人ですからガンで苦しみながら死刑100万回は当然ですが。。。
何億年も、未来に産まれる子ども達や野生動物・他国の人は、私たちの罪悪で犯され続けるのです。。。
ご先祖様が何億年掛けて、火鉢一つで飢餓を潜り抜け作り上げた優秀なDNA地図と言う秘伝の巻物も、破壊しつつあります。
南無。。。>

〔渡辺一雄氏(元福島・本宮市消防団長)18日死去(68)〕

〔渡辺一雄氏(元福島・本宮市消防団長)18日死去(68)〕www.minyu-net.com/news/okuyami/FM20160920-112991.php渡辺 一雄氏(わたなべ・いちお=元本宮市消防団長)18日死去、68歳。
自宅は福島・本宮市長屋○○。
通夜は22日午後6時、告別式は23日午前10時から大玉村大山のほうりん大山斎場で。
喪主は長男由恵(よしえ)氏。
***60代後半という 老人性疾患の多発期に近い側面もあるにせよ、 近年、50代&60代はもとより、 30代&40代or20代以下の訃報が激増している 異様な兆候に、戦慄を覚えます。
〔佐藤勝比呂氏(諏訪神社宮司 /福島・いわき市三和町)2016年9月14日急死(54) 〕〔浜津三千雄氏(福島民報社監査役)12日、 多発性脳梗塞で死去(65) [福島・郡山市]〕 (毎日新聞 2016年9月13日) 〔山野辺美恵子さん(みのり会館社長山野辺政幸氏の妻) 2016年9月9日死去(59)*福島石川町〕 〔吉田世紀子さん(元長橋病院病棟看護師長) 2016年9月5日急死(61)[いわき市小川町高萩]〕 〔宇野佳治氏(「初治」代表取締役/ドラマー) 2016年9月4日急死(55) 〕 〔石橋秀郎氏(石橋工業社長) 2016年9月3日、 福島・郡山市鶴見坦の自宅で急死(48)〕 〔髙木桂三氏(いわき市/アルパイン技研(株)経営推進部部長) 2016年8月15日急死(51) 〕 〔村田勝利氏(茨城サービスエンジニアリング土木建築部課長) 2016年8月4日急死(57) 〕 ◎自宅:いわき市磐上湯長谷町釜ノ前○○ 〔山野邊良典氏(東邦亜鉛㈱小名浜製錬所総務課長) 2016年8月6日急死(60) 〕 〔横山茂幸氏(福島市消防本部福島消防署清水分署救急第1係長) 2016年8月2日急死(54)〕 〔村上直人氏(いわき魚類㈱塩干部加工課・課長) 2016年7月6日急死(52) 〕 林出淳一氏(大東銀行・会津支店長代理) 2016年6月20日急死(56)[福島・会津若松市] 横田政典氏(福島県警取り調べ監督業務推進室長) 2016年6月8日、福島市の自宅で急死(57)〕 〔伊東誠氏(福島市/福島県教育庁施設財産室主幹) 2016年5月27日急死(51)〕 〔菅野浩氏(福島市/福島民友新聞社総務局専門委員) 2016年5月25日、急死(47)〕 等note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n264607 から遡っていけばお分かりの通り、 特に福島・東部、北&南茨城方面の 若年層の訃報については、 1F事故後、ほぼ毎日のように 断続的に相次いでいるので、 記録を続けている当方も 特に人道感覚が若干麻痺してきており、 鎮魂の次元を通り越して もはや死者の統計上の数値としてしか 見られなくなってきました。
従って、今回の若年層の訃報も、 決して珍しいケースとはいえないどころか、 特に福島・東部、北&南茨城方面に関しては、 日常茶飯事のレベルと言えるでしょう。
なお、福島県内でも 比較的汚染レベルが低いとされる 福島・西部においても、 ↓の「汚染状況重点調査地域 」の該当地域を 中心として近年、比較的若年層の訃報(急死)も 目立ってきたように感じています。
* 近年、50代&60代はもとより、 30代&40代の訃報が激増している 異様な兆候に、戦慄を覚えます。
詳しい病名(死因)は不明ですが、 最近の(「福島県」を中心とした) 東日本広域においても、 比較的若年層の著名人の訃報 &重篤疾患の急増から推測しても、 地理的&時系列的にも、 被曝疾患としての側面が 非常に強いと言えるのではないでしょうか? 特に、チェルノブイリの経験則から、 被曝疾患の爆増期に相当する今年2016年度以降、 (若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因 のある方等)被曝感受性の強い方から順に 被曝影響が顕在化傾向にあると 言えるのではないでしょうか? PS 〔除染対象の8県102市町村公表 費用は原則国が負担〕 (朝日新聞 2011年12月19日)www.asahi.com/special/10005/TKY201112190517.html 略 「汚染状況重点調査地域」・・ 放射線量が毎時0.23マイクロシーベルト以上で 事故による追加被曝線量が 年間1ミリシーベルトを超える区域があることが条件。
略 ■汚染状況重点調査地域 【福島県】 福島市、郡山市、いわき市、白河市、須賀川市、相馬市、 二本松市、伊達市、 本宮市★、桑折町、国見町、大玉村、鏡石町、天栄村、 会津坂下町、湯川村、 三島町、昭和村、会津美里町、西郷村、泉崎村、中島村、 矢吹町、棚倉町、 矢祭町、塙町、鮫川村、石川町、玉川村、平田村、 浅川町、古殿町、三春町、 小野町、広野町、新地町 略 ■除染特別地域 【福島県】 楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村。
略補足〔突然死:約5万人/年(2010)⇒約11万6660人/年(2014)〕detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315375895... 【セシウムの心臓へのリスクを警告】 「僅か20-30Bq/kgでも心拍異常が発生。
それが突然死の原因になりうる。
」 (ベラルーシ・バンダジェフスキー博士) <ベラルーシ基準(WBC)> 一般成人: 「危険レベル」:200Bq/kg 「注意レベル」:70Bq/kg 〔但し、生殖活動期の男女(特に20代、30代) 「注意レベル」:50Bq/kg〕 子供: 「危険レベル」:50Bq/kg 「注意レベル」:20Bq/kg ~「事実を知るには勇気がいる」~ (チャールズ・ロバート・ダーウィン) 〔福島で急増するガンと心疾患 / 武田 邦彦・中部大学教授〕 (2014年11月25日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n322212 ~参考~ [福島県で急増する「死の病」の正体を追う! ~セシウム汚染と「急性心筋梗塞」多発地帯の因果関係~【第1回】] (月間「宝島」2014年8月26日) [福島県でなぜ「ガン死」が増加しているのか? ~誰も書けなかった福島原発事故の健康被害~【第2回】] (月間「宝島」2014年8月26日)

驚愕//aroha7.hatenadiary.jp/entry/2015/12/14/205854

〔大竹康裕氏(大竹商店代表)10日急死(61) *福島・いわき市〕

〔大竹康裕氏(大竹商店代表)10日急死(61) *福島・いわき市〕www.0983-iwaki.com/逝去日:平成28年10月10日通夜日:平成28年10月18日18:00告別式:平成28年10月19日11:00斎場:九品寺檀信徒会館喪主:長男?裕司様住所:いわき市平字五町目〇〇***近年、50代&60代はもとより、30代&40代or20代以下の訃報が激増している異様な兆候に、戦慄を覚えます。
〔五十嵐正氏(福島・下郷町消防団副団長)2016年10月13日急死(60)〕〔紺野裕之氏(㈱建誠・工事部課長)2016年10月10日、急死(45) *福島・いわき市小名浜大原〕〔鎌倉秀春氏(鎌倉左官工業代表)2016年10月2日死去(64) 〕*福島・楢葉町山田岡〔椎野幸嗣氏(元祖円盤餃子満腹店主/福島市)2016年9月21日死去(61)〕〔渡辺一雄氏(元福島・本宮市消防団長)2016年9月18日死去(68)〕〔佐藤勝比呂氏(諏訪神社宮司 /福島・いわき市三和町)2016年9月14日急死(54) 〕〔浜津三千雄氏(福島民報社監査役)12日、多発性脳梗塞で死去(65) [福島・郡山市]〕(毎日新聞 2016年9月13日)〔山野辺美恵子さん(みのり会館社長山野辺政幸氏の妻)2016年9月9日死去(59)*福島石川町〕 〔吉田世紀子さん(元長橋病院病棟看護師長)2016年9月5日急死(61)[いわき市小川町高萩]〕〔宇野佳治氏(「初治」代表取締役/ドラマー)2016年9月4日急死(55) 〕〔石橋秀郎氏(石橋工業社長)2016年9月3日、福島・郡山市鶴見坦の自宅で急死(48)〕〔髙木桂三氏(いわき市/アルパイン技研(株)経営推進部部長)2016年8月15日急死(51) 〕〔村田勝利氏(茨城サービスエンジニアリング土木建築部課長)2016年8月4日急死(57) 〕◎自宅:いわき市磐上湯長谷町釜ノ前○○〔山野邊良典氏(東邦亜鉛㈱小名浜製錬所総務課長)2016年8月6日急死(60) 〕〔横山茂幸氏(福島市消防本部福島消防署清水分署救急第1係長)2016年8月2日急死(54)〕〔村上直人氏(いわき魚類㈱塩干部加工課・課長)2016年7月6日急死(52) 〕林出淳一氏(大東銀行・会津支店長代理)2016年6月20日急死(56)[福島・会津若松市]横田政典氏(福島県警取り調べ監督業務推進室長)2016年6月8日、福島市の自宅で急死(57)〕〔伊東誠氏(福島市/福島県教育庁施設財産室主幹)2016年5月27日急死(51)〕〔菅野浩氏(福島市/福島民友新聞社総務局専門委員)2016年5月25日、急死(47)〕等note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n265232から遡っていけばお分かりの通り、特に福島・東部、北&南茨城方面の若年層の訃報については、1F事故後、ほぼ毎日のように断続的に相次いでいるので、記録を続けている当方も特に人道感覚が若干麻痺してきており、鎮魂の次元を通り越してもはや死者の統計上の数値としてしか見られなくなってきました。
従って、今回の若年層の訃報も、決して珍しいケースとはいえないどころか、特に福島・東部、北&南茨城方面に関しては、日常茶飯事のレベルと言えるでしょう。
なお、福島県内でも比較的汚染レベルが低いとされる福島・西部においても、↓の「汚染状況重点調査地域 」の該当地域を中心として近年、比較的若年層の訃報(急死)も目立ってきたように感じています。
*近年、50代&60代はもとより、30代&40代の訃報が激増している異様な兆候に、戦慄を覚えます。
詳しい病名(死因)は不明ですが、最近の(「福島県」を中心とした)東日本広域においても、比較的若年層の著名人の訃報&重篤疾患の急増から推測しても、地理的&時系列的にも、被曝疾患としての側面が非常に強いと言えるのではないでしょうか?特に、チェルノブイリの経験則から、被曝疾患の爆増期に相当する今年2016年度以降、(若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因のある方等)被曝感受性の強い方から順に被曝影響が顕在化傾向にあると言えるのではないでしょうか? PS〔除染対象の8県102市町村公表 費用は原則国が負担〕(朝日新聞 2011年12月19日)www.asahi.com/special/10005/TKY201112190517.html略「汚染状況重点調査地域」・・放射線量が毎時0.23マイクロシーベルト以上で事故による追加被曝線量が年間1ミリシーベルトを超える区域があることが条件。
略■汚染状況重点調査地域 【福島県】福島市、郡山市、いわき市★、白河市、須賀川市、相馬市、二本松市、伊達市、本宮市、桑折町、国見町、大玉村、鏡石町、天栄村、会津坂下町、湯川村、三島町、昭和村、会津美里町、西郷村、泉崎村、中島村、矢吹町、棚倉町、矢祭町、塙町、鮫川村、石川町、玉川村、平田村、浅川町、古殿町、三春町、小野町、広野町、新地町略■除染特別地域 【福島県】楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村。
略補足〔突然死:約5万人/年(2010)⇒約11万6660人/年(2014)〕detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315375895...【セシウムの心臓へのリスクを警告】「僅か20-30Bq/kgでも心拍異常が発生。
それが突然死の原因になりうる。
」(バンダジェフスキー博士)<ベラルーシ基準(WBC)>一般成人:「危険レベル」:200Bq/kg「注意レベル」:70Bq/kg〔但し、生殖活動期の男女(特に20代、30代)「注意レベル」:50Bq/kg〕子供:「危険レベル」:50Bq/kg「注意レベル」:20Bq/kg 〔福島で急増するガンと心疾患 / 武田 邦彦・中部大学教授〕(2014年11月25日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n322212~参考~[福島県で急増する「死の病」の正体を追う! ~セシウム汚染と「急性心筋梗塞」多発地帯の因果関係~【第1回】](月間「宝島」2014年8月26日)[福島県でなぜ「ガン死」が増加しているのか? ~誰も書けなかった福島原発事故の健康被害~【第2回】](月間「宝島」2014年8月26日)〔緊急に報道に望む~福島の被曝の状況と病気を報道してください!〕(2015年7月12日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n352719

激増じゃなくてオマエがお悔やみ情報を拾い集めてるだけじゃんかよ。
w原発事故前は人は死ななかったんだっけか?ww クズが!

質問者さんへ
私は科学者ではなく事の実否はわかりません。ただ次のことは申し上げたく存じます。
貴方は放射線の危険性を警鐘しようとする正義感からこのような投稿をしているのかもしれません。しかし内部被ばくが怖いからと進んでいた縁談を断られた東北出身の女性や放射線への恐怖から買い手が減り生活に支障を生じている北関東の農業従事者がいます。
貴方が被爆を危険だと判断し自己防衛なさるのは自由です。しかし科学的に立証されていない状況で、このような危機感を煽る形で情報を拡散させることにより傷つく人も世の中にはいるということは忘れないでください。>東北・関東では、放射能被ばくにより、年齢にかかわらず心筋梗塞、脳梗塞、脳出血で突然死する人が急増しています。
自分は若くて健康だから大丈夫だと油断しないことです。
私の知恵ノートからお答えします。
放射能汚染環境下では、誰もが高齢者です。
自分は、いつ倒れるかわからない90歳の老人だと思ったほうがよいでしょう。
汚染のない地域に避難するのが一番です。
残念ながら、3/11以降、我々の住む環境は完全に変わってしまいました。
それに応じてものの考え方やライフスタイルを変えないと、放射能汚染下で無事に生きていくことは非常に難しいでしょう。
ツイート引用ここから
おそろしい。また若い漫画家がこの世を去った。
何が恐ろしいって数日前まで引っ越しとか楽しそうにTweetしてるところだ。
急死として死因病気なら、血栓か心臓発作かと思ってしまう。
でも、一人暮らしで引きこもりなのでその時誰にも気づかれない。怖い怖いorz
……お悔やみ申し上げます
急性心筋梗塞で45歳の男性が亡くなった。
会社に出社しないので
家族に連絡をしたところ
マンションで死亡していたとのことだった
一人暮らしだったため。。。
解剖の結果「急性心筋梗塞」
都心部居住、、、増殖ちゅうですね。。。突然死。。。"
原発事故以来、近所の若い人の突然死が四名いましたが、
共通点は「単身者の一人暮らしで自炊しない人」でした。
皆さん直前までスポーツもしてお元気に生活されていました。
東京で単身で外食生活をされて食生活が偏っている方は、
自炊されたりして食生活の見直しをされたほうが良いと思います。
職場の同僚の方が亡くなりました。突然死です。
独り暮らしでらしたので、孤独死でした。
3日も気付いてあげられませんでした。今日(もう昨日か)はお通夜。
仕事で行けなかったので、お香典を託しました。
同僚の叔父が突然死。独り暮らしだが、勤務先に出社せず、訪ねたら亡くなっていたそう。
世田谷。60代。
親類の30代の子が亡くなった。東北復興のため宮城県で頑張っていた。
発見される数日前まで、元気に仕事をし、一人暮らしのため、
死後、数日たっての発見。脳が原因の突然死とのこと。
実は、その子の父も、一昨年、心筋梗塞で生死を彷徨い、一命は取りとめていた。
かける言葉もない。
詳しくは聞いてないんだけど、前日普通に出社してて、
今朝になって突然会社に来ないから電話をしたりして確認したら亡くなってたらしいの。
一人暮らしの突然死。汚の周りでは若手が亡くなるのは2例目だよ。
私が勤めてた時は無かった。
前会社にいた方が突然亡くなられたらしい…。一人暮らしで会社に来なくて
おかしいと思い自宅まで行き管理人さんに開けてもらったら自宅で倒れていたそう。
突然死…。東大卒で頭キレキレの人だった。まだ若いのに。
最近こういった話が多いです。冬は多い気がします。色々気をかけないとですね。
数日前に、近所の70代男性が心筋梗塞で突然死。熊本在住。
一人暮らしのため、食事は外食かスーパーなどの惣菜がほとんど。
セシウムが心筋を破壊したためだろう。場所は関係なく、
何も考えずに食べてたら死ぬ時期に入ったと思われる。
突然と言えばこないだ同僚てか後輩が急死した。
ひとり暮らしだったらしく連絡が取れなくて訪問して発見されたらしい。
人生って何が起こるかわからんから一日一日、一瞬一瞬を大切に
そして楽しまなきゃなぁなんて思った。
今日、中学時代の同級生の訃報が届いた。卒業以来会ってはいなかったが、
数年前同窓会のことでメールのやり取りをした。詳細は不明だが、
一人暮らしのマンションで突然死、警察が入っている様子。
住所は東京都葛飾区。放射性物質の影響が頭をよぎる。まだ40歳台なのに。合掌。
今日は親類、といってもやや遠縁のお歳を召された女性の葬儀に参列してきました。
聞いたところによるとその方は独り暮らしをされていて、お風呂の中で急死し、
2、3日後にたまたま訪れた親類によって発見されたとの...
というのも…同じ会社の人が日曜の午後から音信不通になり、
今日大家さんがお部屋を見に行ったら、亡くなられていました。。
20代の女の子の突然死。。
一人暮らしで、家族も彼氏も友達も同僚も、誰も気付いてあげられなかった。
健康だからと、甘んじないで。みんな、元気に生きててほしい。
暗い話題だけど、前の会社の上司が、心筋梗塞で、急死して、
3日も誰にも気づかれず、そのままだった( ; ; )何か凄く寂しい(-_-;)
いい人なのに、突然死一人暮らしなんか、怖い( ; ; )
sinjits.blog.fc2.com/blog-entry-68.html
チェルノブイリ・ハート


https://twitter.com/Lulu__19/lists/radioactivity>

〔赤津庄一氏(総合cleaningヤマゼン代表)17日急死(58) 〕

〔赤津庄一氏(総合cleaningヤマゼン代表)17日急死(58) 〕www.0983-iwaki.com/総合クリーニングヤマゼン代表。
逝去日:平成28年10月17日通夜日:平成28年10月21日18:00告別式:平成28年10月22日11:00斎場:セレモニーホールアルコ会館勿来 喪主:長男?潤一様住所:いわき市山田町塙沢〇〇***近年、50代&60代はもとより、30代&40代or20代以下の訃報が激増している異様な兆候に、戦慄を覚えます。
根本彰彦氏(いわき市公園緑地観光公社理事長)2016年10月17日急死(62)金成進一氏(㈲宣通・代取)2016年10月16日死去(65) [いわき市平上平窪字八反口]五十嵐正氏(福島・下郷町消防団副団長)2016年10月13日急死(60)大竹康裕氏(大竹商店代表)2016年10月10日急死(61) *福島・いわき市紺野裕之氏(㈱建誠・工事部課長)2016年10月10日、急死(45) *福島・いわき市小名浜大原鎌倉秀春氏(鎌倉左官工業代表)2016年10月2日死去(64) *福島・楢葉町山田岡椎野幸嗣氏(元祖円盤餃子満腹店主/福島市)2016年9月21日死去(61)渡辺一雄氏(元福島・本宮市消防団長)2016年9月18日死去(68)佐藤勝比呂氏(諏訪神社宮司 /福島・いわき市三和町)2016年9月14日急死(54) 浜津三千雄氏(福島民報社監査役)12日、多発性脳梗塞で死去(65) [福島・郡山市](毎日新聞 2016年9月13日)山野辺美恵子さん(みのり会館社長山野辺政幸氏の妻)2016年9月9日死去(59)*福島石川町 吉田世紀子さん(元長橋病院病棟看護師長)2016年9月5日急死(61)[いわき市小川町高萩]宇野佳治氏(「初治」代表取締役/ドラマー)2016年9月4日急死(55) 石橋秀郎氏(石橋工業社長)2016年9月3日、福島・郡山市鶴見坦の自宅で急死(48)髙木桂三氏(いわき市/アルパイン技研(株)経営推進部部長)2016年8月15日急死(51) 村田勝利氏(茨城サービスエンジニアリング土木建築部課長)2016年8月4日急死(57) ◎自宅:いわき市磐上湯長谷町釜ノ前○○山野邊良典氏(東邦亜鉛㈱小名浜製錬所総務課長)2016年8月6日急死(60) 横山茂幸氏(福島市消防本部福島消防署清水分署救急第1係長)2016年8月2日急死(54)村上直人氏(いわき魚類㈱塩干部加工課・課長)2016年7月6日急死(52) 林出淳一氏(大東銀行・会津支店長代理)2016年6月20日急死(56)[福島・会津若松市]横田政典氏(福島県警取り調べ監督業務推進室長)2016年6月8日、福島市の自宅で急死(57)伊東誠氏(福島市/福島県教育庁施設財産室主幹)2016年5月27日急死(51)菅野浩氏(福島市/福島民友新聞社総務局専門委員)2016年5月25日、急死(47)等note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n265232から遡っていけばお分かりの通り、特に福島・東部、北&南茨城方面の若年層の訃報については、1F事故後、ほぼ毎日のように断続的に相次いでいるので、記録を続けている当方も特に人道感覚が若干麻痺してきており、鎮魂の次元を通り越してもはや死者の統計上の数値としてしか見られなくなってきました。
従って、今回の若年層の訃報も、決して珍しいケースとはいえないどころか、特に福島・東部、北&南茨城方面に関しては、日常茶飯事のレベルと言えるでしょう。
なお、福島県内でも比較的汚染レベルが低いとされる福島・西部においても、↓の「汚染状況重点調査地域 」の該当地域を中心として近年、比較的若年層の訃報(急死)も目立ってきたように感じています。
*近年、50代&60代はもとより、30代&40代の訃報が激増している異様な兆候に、戦慄を覚えます。
詳しい病名(死因)は不明ですが、最近の(「福島県」を中心とした)東日本広域においても、比較的若年層の著名人の訃報&重篤疾患の急増から推測しても、地理的&時系列的にも、被曝疾患としての側面が非常に強いと言えるのでは?特に、チェルノブイリの経験則から、被曝疾患の爆増期に相当する今年2016年度以降、(若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因のある方等)被曝感受性の強い方から順に被曝影響が顕在化傾向にあると言えるのではないでしょうか? PS〔除染対象の8県102市町村公表 費用は原則国が負担〕(朝日新聞 2011年12月19日)www.asahi.com/special/10005/TKY201112190517.html略「汚染状況重点調査地域」・・放射線量が毎時0.23マイクロシーベルト以上で事故による追加被曝線量が年間1ミリシーベルトを超える区域があることが条件。
略■汚染状況重点調査地域 【福島県】福島市、郡山市、いわき市★、白河市、須賀川市、相馬市、二本松市、伊達市、本宮市、桑折町、国見町、大玉村、鏡石町、天栄村、会津坂下町、湯川村、三島町、昭和村、会津美里町、西郷村、泉崎村、中島村、矢吹町、棚倉町、矢祭町、塙町、鮫川村、石川町、玉川村、平田村、浅川町、古殿町、三春町、小野町、広野町、新地町略■除染特別地域 【福島県】楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村。
略補足〔突然死:約5万人/年(2010)⇒約11万6660人/年(2014)〕detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315375895...【セシウムの心臓へのリスクを警告】「僅か20-30Bq/kgでも心拍異常が発生。
それが突然死の原因になりうる。
」(バンダジェフスキー博士)<ベラルーシ基準(WBC)>一般成人:「危険レベル」:200Bq/kg「注意レベル」:70Bq/kg〔但し、生殖活動期の男女(特に20代、30代)「注意レベル」:50Bq/kg〕子供:「危険レベル」:50Bq/kg「注意レベル」:20Bq/kg 〔福島で急増するガンと心疾患 / 武田 邦彦・中部大学教授〕(2014年11月25日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n322212~参考~[福島県で急増する「死の病」の正体を追う! ~セシウム汚染と「急性心筋梗塞」多発地帯の因果関係~【第1回】](月間「宝島」2014年8月26日)[福島県でなぜ「ガン死」が増加しているのか? ~誰も書けなかった福島原発事故の健康被害~【第2回】](月間「宝島」2014年8月26日)〔緊急に報道に望む~福島の被曝の状況と病気を報道してください!〕(2015年7月12日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n352719

●60歳過ぎて胃癌で死ねば放射脳のせい。
●70歳過ぎて脳梗塞になっても放射脳のせい。
●競馬の騎手が落馬したのは放射脳のせい。
●転んで怪我したのは放射脳のせい。
●自殺で死んでも放射脳のせい。
●70歳過ぎて心筋梗塞になっても放射脳のせい。
●登山で遭難死しても放射脳のせい。
●性同一性障害も放射能のせい。
●マグロがでかいのは放射脳のせい。
●パンダが発情しないのは放射脳のせい。
●尿路結石は放射脳のせい。
●鼻血が出るのは放射脳のせい。
●ヘリウムガスの吸い過ぎで倒れたのは放射脳のせい。
●若くして乳がんで死んだのは放射脳のせい。
●2009年から罹患してた白血病で死んだのは放射脳のせい。
●水族館のマグロが次々死んだのは放射脳のせい。
●何だか分からないけど心不全は放射脳のせい。
●88歳のバアさんが心不全で死んだのは放射脳のせい。
●ギックリ腰になったのは放射脳のせい。
●芸能人の息子が転落死したのは放射脳のせい。
●越後湯沢の中古マンションが売れないのは放射脳のせい。
●三船美佳が離婚したのは放射脳のせい。
●『ブラックジャック』の“人面瘡”は放射脳のせい。
●中高生女子の飲酒が多いのは放射脳のせい。
●上野動物園で大型動物が死んだのは放射脳のせい。
●若ハゲも放射脳のせい。
etcetcとにかく人が死ぬのは全部が放射脳のせい。
ついでに魚が死ぬのも全部放射脳のせい。
放射脳の バ カ さ加減が良く理解できました。

質問者さんへ
私は科学者ではなく事の実否はわかりません。ただ次のことは申し上げたく存じます。
貴方は放射線の危険性を警鐘しようとする正義感からこのような投稿をしているのかもしれません。しかし内部被ばくが怖いからと進んでいた縁談を断られた東北出身の女性や放射線への恐怖から買い手が減り生活に支障を生じている北関東の農業従事者がいます。
貴方が被爆を危険だと判断し自己防衛なさるのは自由です。しかし科学的に立証されていない状況で、このような危機感を煽る形で情報を拡散させることにより傷つく人も世の中にはいるということは忘れないでください。>

〔五十嵐正氏(福島・下郷町消防団副団長)13日急死(60)〕

〔五十嵐正氏(福島・下郷町消防団副団長)13日急死(60)〕www.minyu-net.com/news/okuyami/FM20161015-119495.php五十嵐 正氏(いがらし・ただし=下郷町消防団副団長)13日死去、60歳。
自宅は下郷町高陦字上居平〇〇。
告別式は17日午前11時30分から下郷町沢田の下郷やすらぎ斎苑で。
喪主は妻ユキ子(ゆきこ)さん。
***近年、50代&60代はもとより、30代&40代or20代以下の訃報が激増している異様な兆候に、戦慄を覚えます。
〔紺野裕之氏(㈱建誠・工事部課長)2016年10月10日、急死(45) *福島・いわき市小名浜大原〕〔鎌倉秀春氏(鎌倉左官工業代表)2016年10月2日死去(64) 〕*福島・楢葉町山田岡〔椎野幸嗣氏(元祖円盤餃子満腹店主/福島市)2016年9月21日死去(61)〕〔渡辺一雄氏(元福島・本宮市消防団長)2016年9月18日死去(68)〕〔佐藤勝比呂氏(諏訪神社宮司 /福島・いわき市三和町)2016年9月14日急死(54) 〕〔浜津三千雄氏(福島民報社監査役)12日、多発性脳梗塞で死去(65) [福島・郡山市]〕(毎日新聞 2016年9月13日)〔山野辺美恵子さん(みのり会館社長山野辺政幸氏の妻)2016年9月9日死去(59)*福島石川町〕 〔吉田世紀子さん(元長橋病院病棟看護師長)2016年9月5日急死(61)[いわき市小川町高萩]〕〔宇野佳治氏(「初治」代表取締役/ドラマー)2016年9月4日急死(55) 〕〔石橋秀郎氏(石橋工業社長)2016年9月3日、福島・郡山市鶴見坦の自宅で急死(48)〕〔髙木桂三氏(いわき市/アルパイン技研(株)経営推進部部長)2016年8月15日急死(51) 〕〔村田勝利氏(茨城サービスエンジニアリング土木建築部課長)2016年8月4日急死(57) 〕◎自宅:いわき市磐上湯長谷町釜ノ前○○〔山野邊良典氏(東邦亜鉛㈱小名浜製錬所総務課長)2016年8月6日急死(60) 〕〔横山茂幸氏(福島市消防本部福島消防署清水分署救急第1係長)2016年8月2日急死(54)〕〔村上直人氏(いわき魚類㈱塩干部加工課・課長)2016年7月6日急死(52) 〕林出淳一氏(大東銀行・会津支店長代理)2016年6月20日急死(56)[福島・会津若松市]横田政典氏(福島県警取り調べ監督業務推進室長)2016年6月8日、福島市の自宅で急死(57)〕〔伊東誠氏(福島市/福島県教育庁施設財産室主幹)2016年5月27日急死(51)〕〔菅野浩氏(福島市/福島民友新聞社総務局専門委員)2016年5月25日、急死(47)〕等note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n265232から遡っていけばお分かりの通り、特に福島・東部、北&南茨城方面の若年層の訃報については、1F事故後、ほぼ毎日のように断続的に相次いでいるので、記録を続けている当方も特に人道感覚が若干麻痺してきており、鎮魂の次元を通り越してもはや死者の統計上の数値としてしか見られなくなってきました。
従って、今回の若年層の訃報も、決して珍しいケースとはいえないどころか、特に福島・東部、北&南茨城方面に関しては、日常茶飯事のレベルと言えるでしょう。
なお、福島県内でも比較的汚染レベルが低いとされる福島・西部においても、↓の「汚染状況重点調査地域 」の該当地域を中心として近年、比較的若年層の訃報(急死)も目立ってきたように感じています。
*近年、50代&60代はもとより、30代&40代の訃報が激増している異様な兆候に、戦慄を覚えます。
詳しい病名(死因)は不明ですが、最近の(「福島県」を中心とした)東日本広域においても、比較的若年層の著名人の訃報&重篤疾患の急増から推測しても、地理的&時系列的にも、被曝疾患としての側面が非常に強いと言えるのではないでしょうか?特に、チェルノブイリの経験則から、被曝疾患の爆増期に相当する今年2016年度以降、(若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因のある方等)被曝感受性の強い方から順に被曝影響が顕在化傾向にあると言えるのではないでしょうか? PS〔除染対象の8県102市町村公表 費用は原則国が負担〕(朝日新聞 2011年12月19日)www.asahi.com/special/10005/TKY201112190517.html略「汚染状況重点調査地域」・・放射線量が毎時0.23マイクロシーベルト以上で事故による追加被曝線量が年間1ミリシーベルトを超える区域があることが条件。
略■汚染状況重点調査地域 【福島県】福島市、郡山市、いわき市、白河市、須賀川市、相馬市、二本松市、伊達市、本宮市、桑折町、国見町、大玉村、鏡石町、天栄村、会津坂下町、湯川村、三島町、昭和村、会津美里町、西郷村、泉崎村、中島村、矢吹町、棚倉町、矢祭町、塙町、鮫川村、石川町、玉川村、平田村、浅川町、古殿町、三春町、小野町、広野町、新地町略■除染特別地域 【福島県】楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村。
略補足〔突然死:約5万人/年(2010)⇒約11万6660人/年(2014)〕detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315375895...【セシウムの心臓へのリスクを警告】「僅か20-30Bq/kgでも心拍異常が発生。
それが突然死の原因になりうる。
」(バンダジェフスキー博士)<ベラルーシ基準(WBC)>一般成人:「危険レベル」:200Bq/kg「注意レベル」:70Bq/kg〔但し、生殖活動期の男女(特に20代、30代)「注意レベル」:50Bq/kg〕子供:「危険レベル」:50Bq/kg「注意レベル」:20Bq/kg 〔福島で急増するガンと心疾患 / 武田 邦彦・中部大学教授〕(2014年11月25日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n322212~参考~[福島県で急増する「死の病」の正体を追う! ~セシウム汚染と「急性心筋梗塞」多発地帯の因果関係~【第1回】](月間「宝島」2014年8月26日)[福島県でなぜ「ガン死」が増加しているのか? ~誰も書けなかった福島原発事故の健康被害~【第2回】](月間「宝島」2014年8月26日)〔緊急に報道に望む~福島の被曝の状況と病気を報道してください!〕(2015年7月12日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n352719

【嘘吐きインディアンのバカ丸出しデマ】↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ >>〔福島で急増するガンと心疾患 / >>武田 邦彦・中部大学教授〕>>(2014年11月25日)>>[福島県でなぜ「ガン死」が増加しているのか? >>~誰も書けなかった福島原発事故の健康被害~【第2回】]>>(月間「宝島」2014年8月26日)「2015年には日本に住めなくなる!」とほざいて放射能商売を繰り広げた武田邦彦のデマを今でも大事に抱えてデマ屋商売を続けるインディアン!w別に福島県で癌なんか増えてないし、それどころかむしろ原発事故前よりも発症率は減ってんだがねぇ??(怪笑)>>国立がん研究センターが実施した2014年の調査によれば、>>47都道府県別のがん死亡率順位は次のような結果になりました。
>>青森県は昨年の99.6より1.6ポイント減少してはいるものの、11年連続でワースト1位です。
【2014年都道府県別がん死亡率ランキング】 1位青森県 98.0 2位北海道88.2 3位鳥取県87.5 4位秋田県86.5 5位佐賀県85.9 6位長崎県85.3 7位福岡県83.9 8位大阪府83.8 9位和歌山県82.2 10位島根県81.1 11位茨城県81.1 12位栃木県80.5 13位岩手県79.5 14位埼玉県79.1 15位兵庫県79.0 16位鹿児島県79.0 17位京都府78.9 18位愛媛県78.6 19位新潟県78.5 20位山形県78.4 21位東京都78.4 22位高知県78.4 23位群馬県78.3 24位神奈川県78.1 25位福島県77.9(以下省略)

質問者さんへ
私は科学者ではなく事の実否はわかりません。ただ次のことは申し上げたく存じます。
貴方は放射線の危険性を警鐘しようとする正義感からこのような投稿をしているのかもしれません。しかし内部被ばくが怖いからと進んでいた縁談を断られた東北出身の女性や放射線への恐怖から買い手が減り生活に支障を生じている北関東の農業従事者がいます。
貴方が被爆を危険だと判断し自己防衛なさるのは自由です。しかし科学的に立証されていない状況で、このような危機感を煽る形で情報を拡散させることにより傷つく人も世の中にはいるということは忘れないでください。>緊急事態! 東京都内で、体内被曝者が大量発生しています!
都内は、内部被ばくが深刻である!
東京都内では比較的線量が高い東東京エリア(足立区、葛飾区、江戸川区等)、さらに東葛エリアの一部(柏、松戸、野田、我孫子等)は、要注意です!
関東の15市町で実施されている最新の尿検査で、子どもたちの7割からセシウムが検出されていた事が判明しました。この尿検査を実施したのは「総生活協同組合(茨城県守谷市)」で、主に千葉県の松戸、柏、つくば、取手や茨城の15市町に住む0歳から18歳までの子どもを対象に検査をしたとのことです。
尿検査で、7割からセシウムが検出された!
高レベルの数値を体に溜め込んでいる可能性がある子供が7割も関東には居るわけで、子供たちの将来がとても心配です。日本政府だけではなく、地域社会が一体となって、子どもたちを放射能から守るための取り組みをするべきだと私は思います。でないと、本当に命に関わる量の放射能を体内に溜め込んでしまうかもしれません。
都内では、まだセシウム汚染野菜を販売している!
都心の人間から6000ベクレルを検出した。これは先日、金町浄水場で検出された放射性ヨウ素のの30倍の強さ。
ベクレルとは1秒間に1つの原子核が崩壊して放射線を放つ放射能の量である。
都内の人間から放射能が確認されたことにより、体内被曝が憂慮される。
発表資料で、人体の体内被曝について以下のように報じている。
これを読むと、米国エネルギー省の発表によればすでに、40Kという放射性物質によって、多くの人が体内被曝していることが明確に書かれている。
この40Kという物質であるが、どのような物質かというと、まず特質すべきは半減期が12億7700万年と非常に長いこと。
半減期というのは、放射性物質の放射能が半分になる期間のことで、40Kの場合、12億7700万年先まで放射能が弱くならない。
また同位体を加工したモノは原子炉の冷却材としてもっとも利用されている。
福島第一原発では原子炉が爆発し、内部の物質が飛散したのは記憶に新しい。
その他の用途としては、一部の国では死刑執行の手段として刑囚に投与されることがある。
これは体内に摂取すると神経伝達に必須な塩分(ナトリウム)を体外に排出してしまうためである。
ナトリウムが少なくなると、頭痛や精神錯乱などの自覚症状ののち、痙攣、昏睡を経て死にいたる。
この事実を日本の政府、マスコミは一切報道していない。
一部報道筋から得た情報によると、金町浄水場からほど近い東京都江戸川区の某所でセシウムの50倍以上の半減期を持つ放射性物質が水源に流出しているのが確認された。
放射線障害では白血病などが起こることが有名だ。
この問題に関して、白血球の研究で有名な新潟大学の安保徹教授によると、直ちに健康に影響が出るレベルではないと言うが、長期的には間接や脊椎、皮膚疾患、がん、不妊症に影響があるとされている。
福島県ある福島第一原発ではメルトダウンが進行して核燃料棒が地下水脈に到達する危険性が示唆されている。
ちなみに、ここに書かれた内容はすべて事実の列挙。列挙の仕方で印象が全然変わるし、情弱達はパニックを起こす。
このように危機はいくらでも煽れる。怖いと思えば底抜けに怖い。
都内被ばく!
貴方は大丈夫か!症状です!
初めて胸が痛みだした。手の甲の血管の焼けるような痛み、左肘の激痛、喉の痛み
東京都世田谷区世田谷住みです。
初めて胸が痛みだした。
手の甲の血管の焼けるような痛み、左肘の激痛、喉の痛み
【世田谷区在住 被曝日記】(最終) 19:45 まずい、左手の肘から先がしびれを通り越し痛くなってきた。
左手の甲の血管の焼けるような痛みと左肘の激痛 写真撮った。 安静時で椅子に座っての写真です。
力を入れていませんが、異常に血管が浮き出ている。
22:20 喉と気管支あたりも痛くなってきた。
一晩明け現在の症状 「ファンケル発芽米一合を食べて、症状が落ち着いた」
気管支あたりの胸の痛み、今回初めての症状。
その他症状 : 目のあたりの腫れぼったさ。
昨日、22:50ファンケル発芽米一合を食べてようやく症状が落ち着いた。
僕同様、しびれがある人、筋肉が痛む人は IPー6 と ファンケル発芽米はお勧めです。
かゆみが治らない人にも効果があるかもしれません。
しかしながら、血行が良くなったり、ミネラルを外に排出する作用があるらしいので、高血圧の人や、血管に異常のある人、ミネラルが不足している人は注意をしてください。
※現在の症状
肘から先のしびれ感強度
足のしびれ感強度
体全体の針で刺されるようなチクチク感強度
喉と気管支あたりの胸の痛み
気管支あたりの胸の痛みは今回初めての症状。
その他症状 : 目のあたりの腫れぼったさ。
世田谷の水道水0.22μSv検出
「まずい、なんか手のしびれが大きくなってきた」
”血管が痛い” 体全体が針で刺す様なチクチク感。
バイク、自転車に乗れそうもない
久しぶりに湯船に入ったら喉と肺が少し傷みました
「今朝摘みいちご」食べて直ぐ、喉が腫れて、手足がピリピリ。症状治らない
茨城⇒愛知へ避難。
子供に様々な症状「鼻血、目の下クマ、心雑音、膀胱炎、口内炎、結膜炎、咳と喉の痛み」
福島第一原発から噴出する殺人放射能の現実!
東京都民は、真実を知っているのか!
mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=6542702&id=1938893190
【記録】2011年3月14日11時1分。
臨界による核爆発が起きる(2011年3月14日、日本テレビお昼のニュースより)。
この映像を流した責任を問われ、日テレ報道局デスク木下黄太氏は、日本テレビを退職することになった。


【必見動画】
放射能は今でもこわいよ! 子どもを守ろう! 11.7新宿アルタ前デモ 2015年11月7日(土)(録画)
twitcasting.tv/7l2cnc/movie/214443259 (動画)
【必見・拡散『チェルノブイリ・ハート』無料配信】
映画『チェルノブイリ・ハート』は、一人でも多くの日本人に見せてください。
無料で見られます。
一億人が見たら変わります。
一人でも多くつないでください。

https://twitter.com/Lulu__19/lists/radioactivity>

〔鈴木徹氏(元福島県北地方振興局次長)25日急死(64)*福島市飯坂町〕

〔鈴木徹氏(元福島県北地方振興局次長)25日急死(64)*福島市飯坂町〕www.minyu-net.com/news/okuyami/FM20161027-122566.php通夜は28日午後6時30分、告別式は29日午後3時から福島市飯坂町のたまのやこころ斎苑飯坂で。
喪主は妻・早苗さん。
自宅は福島市飯坂町平野〇〇。
***近年、50代&60代はもとより、30代&40代or20代以下の訃報が激増している異様な兆候に、戦慄を覚えます。
斎藤邦雄氏(斎藤邦雄税理士事務所代表)2016年10月20日急死(61) *いわき市錦町原田渡辺誠氏(「第5天心丸」船主)2016年10月21日、急死(58) *北茨城市大津町加藤米男氏(サンケン会長)2016年10月20日、急死(61)*福島市北沢鈴木正行氏(植田郵便局郵便部課長)2016年10月18日急死(60) *いわき市泉ケ丘赤津庄一氏(総合cleaningヤマゼン代表)2016年10月17日急死(58) [いわき市山田町塙沢]根本彰彦氏(いわき市公園緑地観光公社理事長)2016年10月17日急死(62)金成進一氏(㈲宣通・代取)2016年10月16日死去(65) [いわき市平上平窪字八反口]五十嵐正氏(福島・下郷町消防団副団長)2016年10月13日急死(60)大竹康裕氏(大竹商店代表)2016年10月10日急死(61) *福島・いわき市紺野裕之氏(㈱建誠・工事部課長)2016年10月10日、急死(45) *福島・いわき市小名浜大原鎌倉秀春氏(鎌倉左官工業代表)2016年10月2日死去(64) *福島・楢葉町山田岡椎野幸嗣氏(元祖円盤餃子満腹店主/福島市)2016年9月21日死去(61)渡辺一雄氏(元福島・本宮市消防団長)2016年9月18日死去(68)佐藤勝比呂氏(諏訪神社宮司 /福島・いわき市三和町)2016年9月14日急死(54) 浜津三千雄氏(福島民報社監査役)12日、多発性脳梗塞で死去(65) [福島・郡山市](毎日新聞 2016年9月13日)山野辺美恵子さん(みのり会館社長山野辺政幸氏の妻)2016年9月9日死去(59)*福島石川町 吉田世紀子さん(元長橋病院病棟看護師長)2016年9月5日急死(61)[いわき市小川町高萩]宇野佳治氏(「初治」代表取締役/ドラマー)2016年9月4日急死(55) 石橋秀郎氏(石橋工業社長)2016年9月3日、福島・郡山市鶴見坦の自宅で急死(48)髙木桂三氏(いわき市/アルパイン技研(株)経営推進部部長)2016年8月15日急死(51) 村田勝利氏(茨城サービスエンジニアリング土木建築部課長)2016年8月4日急死(57) ◎自宅:いわき市磐上湯長谷町釜ノ前○○山野邊良典氏(東邦亜鉛㈱小名浜製錬所総務課長)2016年8月6日急死(60) 横山茂幸氏(福島市消防本部福島消防署清水分署救急第1係長)2016年8月2日急死(54)村上直人氏(いわき魚類㈱塩干部加工課・課長)2016年7月6日急死(52) 林出淳一氏(大東銀行・会津支店長代理)2016年6月20日急死(56)[福島・会津若松市]横田政典氏(福島県警取り調べ監督業務推進室長)2016年6月8日、福島市の自宅で急死(57)伊東誠氏(福島市/福島県教育庁施設財産室主幹)2016年5月27日急死(51)菅野浩氏(福島市/福島民友新聞社総務局専門委員)2016年5月25日、急死(47)等note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n265232から遡っていけばお分かりの通り、特に福島・東部、北&南茨城方面の若年層の訃報については、1F事故後、ほぼ毎日のように断続的に相次いでいるので、記録を続けている当方も特に人道感覚が若干麻痺してきており、鎮魂の次元を通り越してもはや死者の統計上の数値としてしか見られなくなってきました。
従って、今回の若年層の訃報も、決して珍しいケースとはいえないどころか、特に福島・東部、北&南茨城方面に関しては、日常茶飯事のレベルと言えるでしょう。
なお、福島県内でも比較的汚染レベルが低いとされる福島・西部においても、↓の「汚染状況重点調査地域 」の該当地域を中心として近年、比較的若年層の訃報(急死)も目立ってきたように感じています。
*近年、50代&60代はもとより、30代&40代の訃報が激増している異様な兆候に、戦慄を覚えます。
詳しい病名(死因)は不明ですが、最近の(「福島県」を中心とした)東日本広域においても、比較的若年層の著名人の訃報&重篤疾患の急増から推測しても、地理的&時系列的にも、被曝疾患としての側面が非常に強いと言えるのでは?特に、チェルノブイリの経験則から、被曝疾患の爆増期に相当する今年2016年度以降、(若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因のある方等)被曝感受性の強い方から順に被曝影響が顕在化傾向にあると言えるのではないでしょうか? PS〔除染対象の8県102市町村公表 費用は原則国が負担〕(朝日新聞 2011年12月19日)www.asahi.com/special/10005/TKY201112190517.html略「汚染状況重点調査地域」・・放射線量が毎時0.23マイクロシーベルト以上で事故による追加被曝線量が年間1ミリシーベルトを超える区域があることが条件。
略■汚染状況重点調査地域 【福島県】福島市★、郡山市・・・略補足〔突然死:約5万人/年(2010)⇒約11万6660人/年(2014)〕detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315375895...【セシウムの心臓へのリスクを警告】「僅か20-30Bq/kgでも心拍異常が発生。
それが突然死の原因になりうる。
」(バンダジェフスキー博士)<ベラルーシ基準(WBC)>一般成人:「危険レベル」:200Bq/kg「注意レベル」:70Bq/kg〔但し、生殖活動期の男女(特に20代、30代)「注意レベル」:50Bq/kg〕子供:「危険レベル」:50Bq/kg「注意レベル」:20Bq/kg 〔福島で急増するガンと心疾患 / 武田 邦彦・中部大学教授〕(2014年11月25日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n322212~参考~[福島県で急増する「死の病」の正体を追う! ~セシウム汚染と「急性心筋梗塞」多発地帯の因果関係~【第1回】](月間「宝島」2014年8月26日)[福島県でなぜ「ガン死」が増加しているのか? ~誰も書けなかった福島原発事故の健康被害~【第2回】](月間「宝島」2014年8月26日)〔緊急に報道に望む~福島の被曝の状況と病気を報道してください!〕(2015年7月12日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n352719

64歳の老人が亡くなって、>>詳しい病名(死因)は不明ですが、↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ これでも『ほ~しゃの~!』と喚き回るクズ野郎が居ますぜ。
?

相次ぐ「突然死」の裏で何が起こっているか
この記事の狙いの1つは、著名人が立て続けに亡くなっている原因を「心不全」の一言で片づけてしまうマスコミ情報に注意を喚起することです。今回、私は縁あって、東京の有名病院の内科医から多くのことを聴くことができました。
この記事では、多くの著名人たちの「突然死」や「不意の死」を、自分とは無関係だと思い込んでしまうことによって、多くの人たちが生命に影響を及ぼすような重大な病気になってしまったときに、手遅れになってしまう危険性について指摘したいと思います。
それを「血糖の異常」からアプローチしたいということです。さらに、呼気や食べ物によって、セシウムやストロンチウムなどの放射性物質や、プルトニウムのホットパーティクルなどの「放射能を周囲に放散し続ける」放射性の超微粒子を体内に取り込んでしまったことによる糖尿病の発症について考えてみたいと思います。
我が国の「核医学」は国民を守るためにあるとは言えない
「多臓器不全」という死因の裏側にあるもの
11月20日午後、日本相撲協会理事長・北の湖親方が急逝したというニュースが飛びこんできました。
同じ20日の朝、貧血のため病院に救急搬送されたということでしたが、関係者によると「意識は、はっきりしている」ということだったので、相撲ファンは、ひとまず安心したことでしょう。
しかし、その日の夜、突然舞い込んできた訃報に、どのマスコミも、「巨星墜つ」の大見出しを掲げ、角界のひとつの時代が終わったことを告げたのです。
北の湖理事長の病状が、実はかなり深刻であると報じられたのは、一昨年の暮れのことでした。
大腸にできたポリープを切除するために入院したまま、いつまで経っても復帰の声が上がってこないことに、マスコミは、「どうしてこんなに入院が長引いているのか」と、親方の重篤な病状を悟ったのです。
復帰の声の代わりに上がってきたのは、「北の湖理事長は、2年前(2012年)の2月に直腸がんの手術を受け、一時は人工肛門もつけていた。去年の夏場所も体調を崩して一時入院している。糖尿病の持病もあり、こうした一連の流れをみると、相当悪いんじゃないか」と心配する関係者の声でした。
結局、死因は「直腸がんによる多臓器不全」ということになりました。しかし、これは本当の原因ではありません。
それはそうと、去年あたりから、“天寿を全うする”には、あまりにも若い年齢で、有名人がバタバタと畳みかけるように亡くなっています。これは、どの角度から見ても異常事態です。
主だったところだけでも、以下のようになります。(こちらから抜粋)
【2015年11月死去】
・11.15 俳優阿藤快 「心不全」 69歳
・11.17 新潟市議遠藤哲 「肝細胞がん」 65歳
・11.19 ロックバンドnurmutt沼田祐揮 「急性白血病」 29歳
【2015年10月死去】
・10.1 造形作家内田恭輔 「脳出血」 37歳
・10.10 TVレポータ猿渡ゆか 「心不全」 35歳
・10.16 元プロ野球盛田幸妃 「脳腫瘍」 45歳
・10.22 漫画家宮田紘次 「高血圧性脳出血」 34歳
・10.26 茨城阿見町議・藤平竜也 「心筋梗塞」 43歳
・10.27 声優松来未祐 「急性肺炎」 38歳
・10.28 パントマイマー本多愛也 「くも膜下出血」 52歳
・10.30 俳優戸井田稔 「静脈瘤破裂」 63歳
【2015年9月死去】
・9.2 声優斉藤瑞樹 「肺動脈血栓」 41歳
・9.19 フリーアナウンサー黒木奈々 「胃がん」 32歳
・9.23 阪神GM中村勝広 「急死」 66歳
・9.24 川島なお美 「胆管がん」 54歳
・9.24 samfree佐野貴幸 「内因性の急死」 31歳
【2015年8月死去】
・8.2 音楽プロデューサ鈴木健士 「急性心不全」 54歳
・8.4 写真家天野尚 「肺炎」 61歳
・8.5 慶大野球部前監督竹内秀夫 60歳
・8.8 しまむら執行役員山田康治 「低酸素脳症」 58歳
・8.9 前財務事務次官香川俊介 58歳
・8.12 俳優/舞台演出家加藤和久 42歳
・8.13 ピン芸人相原慎吾 「くも膜下出血」 31歳
・8.13 スターダストプロモーション渡辺孝行 33歳
・8.16 大伸化学専務遠藤裕良 57歳
・8.18 漫画家紺野比奈子 「急性心臓疾患」 30代
・8.18 前国分寺市議楠井まこと 「くも膜下出血」 38歳
【2015年7月死去】
・7.4 芸術家櫻井りえこ 「癌」 38歳
・7.8 ぬいぐるみアーチスト佐藤佳代 35歳
・7.11 任天堂社長岩田聡 「胆管腫瘍」 55歳
・7.12 『膝の皿ジャック』大江悠太 「突然死」 22歳
・7.12 「パドリスタ」渡辺拓雄 「急性心不全」 35歳
・7.13 C-C-B渡辺英樹 「多臓器不全」 55歳
・7.19 黒色エレジーKyoko 50代?
・7.19 トランザム高橋のぶ 65歳
・7.23 人気ボカロP椎名もた 20歳
・7.23 元キャスター上田昭夫 62歳
・7.27 大戸屋HD会長三森久実 「肺がん」 57歳
・7.28 長唄三味線稀音家六四郎 「食道がん」 58歳
・7.28 仮面ライダー555泉政行 35歳
・7.30 ギタリスト佐藤正美 63歳
・7.30 東京音大教授海老原直美 「急性骨髄性白血病」 66歳
・7.31 画家中園孔二 23歳
・7.31 テクノアソシエ会長・橋本修 「肺がん」 65歳
以上はほんの一部ですが、マスコミ発表では、「食道がん」「肺がん」などのガンの他、「急性心不全」「心筋梗塞」「急性心臓疾患」「多臓器不全」…という病名が直接の死因とされています。
特に、30歳代の「くも膜下出血」が多いのは注目に値します。
しかし、「心不全・腎不全・呼吸不全」といった病名は、病態を表していない場合が多く、たとえば、長期間の抗がん剤投与の末、その副作用と衰弱によって死亡したとしても、「心不全」とマスコミ発表される場合がままあるので、正確な意味では「病根」を示しているとは言えません。
<中略>
寄せられ続けている「突然死」の報告
今回、私は縁あって、東京の有名病院の内科医から多くのことを聴くことができました。この記事では、多くの著名人たちの「突然死」や「不意の死」を、自分とは無関係だと思い込んでしまうことによって、多くの人たちが生命に影響を及ぼすような重大な病気になってしまったときに、手遅れになってしまう危険性について指摘したいと思います。
3.11の巨大地震に引き続いて起こった世界最大にして世界最悪の放射能災害によって、特に、東北、関東の人々は重大な内部被曝のリスクに晒され続けています。それは、身近な人々の「突然死の報」によって、いっそう脅威を増しています。
2011年3月15日、確かに東京の空にはチェルノブイリ事故のときの数百倍、数千倍の放射性物質が舞っていたのです。
平成23年12月26日、東京都の産業労働局が発表した「ごくごく控えめな」公式データによれば、「東京都民は、2011年3月の1ヵ月間だけで3600ベクレルもの放射性物質を吸入摂取している」ということです。埼玉県、千葉県は言うに及ばず。
もちろん、内勤と外勤の別によって被曝線量は異なってくるでしょう。いずれにしても、健康被害を及ぼすほどの内部被曝をしていることは厳然たる事実として受け止めなければなりません。それを国は「問題ない」としているだけのことです。
事実、私のところに寄せられるメールは、身近な人がまた1人、また1人と心筋梗塞による突然死や脳梗塞、肺がんなどで亡くなった、という報告です。
彼らは、以前から情報交換している人々ですから、その報告に疑いの余地はありません。読者の方々とは実際に面識のある方々もいるのですが、その人たちの何人かは、「とうとう私もがんと診断された」と言います。ほぼ40歳代の人たちです。
内部被曝の第2ステージ「ストロンチウム90による臓器不全」
原発事故から5年。原発問題を扱っているウェブサイトの管理人たちは、チェルノブイリ原発事故の例に照らして、「そろそろがんや白血病が爆発的に増えるだろう」と見立てています。
福島の現状を見るまでもなく、実際に現実はそのとおりになりつつあります。
しかし、本当の問題は、がんや白血病、あるいは白内障だけではない、ということなのです。
チェルノブイリ原発事故後、もちろん心筋梗塞による突然死が一気に増えたことは事実ですが、むしろ急激に増えたのは、「脳梗塞、脳溢血、クモ膜下出血」などの脳血管疾患による「死」です。ウクライナでは、子供の脳梗塞が顕著に増えたとの報告があります。
www.mag2.com/p/money/6525
【記録】2011年3月14日11時1分。
臨界による核爆発が起きる(2011年3月14日、日本テレビお昼のニュースより)。
この映像を流した責任を問われ、日テレ報道局デスク木下黄太氏は、日本テレビを退職することになった。


【必見動画】
放射能は今でもこわいよ! 子どもを守ろう! 11.7新宿アルタ前デモ 2015年11月7日(土)(録画)
twitcasting.tv/7l2cnc/movie/214443259 (動画)
【必見・拡散『チェルノブイリ・ハート』無料配信】
映画『チェルノブイリ・ハート』は、一人でも多くの日本人に見せてください。
無料で見られます。
一億人が見たら変わります。
一人でも多くつないでください。

twitter.com/Lulu__19/lists/radioactivity>

〔浜津三千雄氏(福島民報社監査役)12日、多発性脳梗塞で死去(65) [福島・郡山市]...

〔浜津三千雄氏(福島民報社監査役)12日、多発性脳梗塞で死去(65) [福島・郡山市]〕(毎日新聞 2016年9月13日配信 )headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160913-00000085-mai-peo浜津三千雄さん65歳(はまつ・みちお=福島民報社監査役)12日、多発性脳梗塞(こうそく)のため死去。
通夜は16日午後6時、葬儀は17日午後1時、福島県郡山市昭和2の8の8のあおき郡山斎苑。
自宅は同市大槻町原田東○○。
喪主は妻宏子(ひろこ)さん。
2009年6月から11年6月まで取締役編集局長を務めた。
***60代後半という 老人性疾患の多発期に近い側面もあるにせよ、 近年、50代&60代はもとより、 30代&40代or20代以下の訃報が激増している 異様な兆候に、戦慄を覚えます。
更に、>多発性脳梗塞今回のように、同一臓器&器官内での「原発性の多発性」範囲の増加も気になりますが、それ以上に、「多臓器不全」はもとより〔(ラッパー「ECD」 )石田義則氏(56)9日「上行結腸&食道のW進行性がん」発覚〕 (音楽ナタリー 2016年9月9日 )でも触れたように、遠隔臓器も含め「原発性の同時発症」の増加の点も気になります。
〔山野辺美恵子さん(みのり会館社長山野辺政幸氏の妻)2016年9月9日死去(59)*福島石川町〕 〔吉田世紀子さん(元長橋病院病棟看護師長) 2016年9月5日急死(61)[いわき市小川町高萩]〕 〔宇野佳治氏(「初治」代表取締役/ドラマー) 2016年9月4日急死(55) 〕 〔石橋秀郎氏(石橋工業社長) 2016年9月3日、 福島・郡山市鶴見坦の自宅で急死(48)〕 〔髙木桂三氏(いわき市/アルパイン技研(株)経営推進部部長) 2016年8月15日急死(51) 〕 〔村田勝利氏(茨城サービスエンジニアリング土木建築部課長) 2016年8月4日急死(57) 〕 ◎自宅:いわき市磐上湯長谷町釜ノ前○○ 〔山野邊良典氏(東邦亜鉛㈱小名浜製錬所総務課長) 2016年8月6日急死(60) 〕 〔横山茂幸氏(福島市消防本部福島消防署清水分署救急第1係長) 2016年8月2日急死(54)〕 〔村上直人氏(いわき魚類㈱塩干部加工課・課長) 2016年7月6日急死(52) 〕 林出淳一氏(大東銀行・会津支店長代理) 2016年6月20日急死(56)[福島・会津若松市] 横田政典氏(福島県警取り調べ監督業務推進室長) 2016年6月8日、福島市の自宅で急死(57)〕 〔伊東誠氏(福島市/福島県教育庁施設財産室主幹) 2016年5月27日急死(51)〕 〔菅野浩氏(福島市/福島民友新聞社総務局専門委員) 2016年5月25日、急死(47)〕 等note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n264607 から遡っていけばお分かりの通り、 特に福島・東部、北&南茨城方面の 若年層の訃報については、 1F事故後、ほぼ毎日のように 断続的に相次いでいるので、 記録を続けている当方も 特に人道感覚が若干麻痺してきており、 鎮魂の次元を通り越して もはや死者の統計上の数値としてしか 見られなくなってきました。
従って、今回の若年層の訃報も、 決して珍しいケースとはいえないどころか、 特に福島・東部、北&南茨城方面に関しては、 日常茶飯事のレベルと言えるでしょう。
なお、福島県内でも 比較的汚染レベルが低いとされる 福島・西部においても、 ↓の「汚染状況重点調査地域 」の該当地域を 中心として近年、比較的若年層の訃報(急死)も 目立ってきたように感じています。
* 近年、50代&60代はもとより、 30代&40代の訃報が激増している 異様な兆候に、戦慄を覚えます。
詳しい病名(死因)は不明ですが、 最近の(「福島県」を中心とした) 東日本広域においても、 比較的若年層の著名人の訃報 &重篤疾患の急増から推測しても、 地理的&時系列的にも、 被曝疾患としての側面が 非常に強いと言えるのではないでしょうか? 特に、チェルノブイリの経験則から、 被曝疾患の爆増期に相当する今年2016年度以降、 (若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因 のある方等)被曝感受性の強い方から順に 被曝影響が顕在化傾向にあると 言えるのではないでしょうか? PS 〔除染対象の8県102市町村公表 費用は原則国が負担〕 (朝日新聞 2011年12月19日)www.asahi.com/special/10005/TKY201112190517.html略「汚染状況重点調査地域」・・ 放射線量が毎時0.23マイクロシーベルト以上で 事故による追加被曝線量が 年間1ミリシーベルトを超える区域があることが条件。
略■汚染状況重点調査地域 【福島県】 福島市、郡山市★、いわき市、白河市、須賀川市、相馬市、 二本松市、伊達市、 本宮市、桑折町、国見町、大玉村、鏡石町、天栄村、 会津坂下町、湯川村、 三島町、昭和村、会津美里町、西郷村、泉崎村、中島村、 矢吹町、棚倉町、 矢祭町、塙町、鮫川村、石川町、玉川村、平田村、 浅川町、古殿町、三春町、 小野町、広野町、新地町略 ■除染特別地域 【福島県】 楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村。
略。
補足〔新井靖志氏(サクソホン奏者)9日、脳出血のため急死(51)〕 (スポニチアネックス 2016年9月9日配信 ) detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1316411239...9日午前0時15分、脳出血のため 旅行先の兵庫県姫路市の病院で死去、51歳。
居住地/群馬・藤岡市【やがて訪れるカタストロフの真相】 <表1=北ウクライナ住民の精神身体疾患の患者数推移 (1987年~1992年)>~約5年間の推移~ Ⅰ)内分泌疾患(631⇒16304)約26倍増 Ⅱ)精神疾患(249⇒13145)約53倍増 Ⅲ)神経系疾患(2641⇒15101)約6倍増 Ⅳ)循環器疾患(2236⇒98363)約44倍増★★★ Ⅴ)消化器疾患(1041⇒62920)約60倍増 Ⅵ)皮膚疾患(1194⇒60271)約50倍増 Ⅶ)筋骨格系疾患(768⇒73440)約96倍増 をみてもお分かりの通り、 (脳&心臓含む)循環器系に関しても、 チェルノブイリ方面でも、 事故後5年以内に、既に急増傾向を示しています。
(⇒後年は、更に爆増傾向。
) チェルノブイリの経験則はもとより、 厚生労働省の 2011年度以降の脳梗塞&脳出血を含む 循環器系(特に高血圧性疾患)の急増が 報告されています。

●60歳過ぎて胃癌で死ねば放射脳のせい。
●70歳過ぎて脳梗塞になっても放射脳のせい。
●競馬の騎手が落馬したのは放射脳のせい。
●転んで怪我したのは放射脳のせい。
●自殺で死んでも放射脳のせい。
●70歳過ぎて心筋梗塞になっても放射脳のせい。
●登山で遭難死しても放射脳のせい。
●性同一性障害も放射能のせい。
●マグロがでかいのは放射脳のせい。
●パンダが発情しないのは放射脳のせい。
●尿路結石は放射脳のせい。
●鼻血が出るのは放射脳のせい。
●ヘリウムガスの吸い過ぎで倒れたのは放射脳のせい。
●若くして乳がんで死んだのは放射脳のせい。
●2009年から罹患してた白血病で死んだのは放射脳のせい。
●水族館のマグロが次々死んだのは放射脳のせい。
●何だか分からないけど心不全は放射脳のせい。
●88歳のバアさんが心不全で死んだのは放射脳のせい。
●ギックリ腰になったのは放射脳のせい。
●芸能人の息子が転落死したのは放射脳のせい。
●越後湯沢の中古マンションが売れないのは放射脳のせい。
●三船美佳が離婚したのは放射脳のせい。
●『ブラックジャック』の“人面瘡”は放射脳のせい。
●中高生女子の飲酒が多いのは放射脳のせい。
●上野動物園で大型動物が死んだのは放射脳のせい。
●若ハゲも放射脳のせい。
etcetcとにかく人が死ぬのは全部が放射脳のせい。
ついでに魚が死ぬのも全部放射脳のせい。
放射脳の バ カ さ加減が良く理解できました。

クリス・バズビー科学委員長が日本人へ警告 彼らは放射能利権を守りたいだけ 「ICRPの健康基準なんか、信用してはいけない」
私の知恵ノートから回答致します。
「日本政府がICRP(国際放射線防護委員会)の基準を盾にとって、『年間20mSv(ミリシーベルト)までの被曝は安全』と主張しているのは、言語に絶するほど間違っている。ICRPのリスク・モデルはもともと1952年に作られたもので、その基準は軍需産業が核実験を正当化するためのものです」
こう話すのは、欧州放射線リスク委員会(ECRR)の科学委員長、クリス・バズピー[バスビー、Christopher Busby]博士である。
ECRRは、各国が放射線被曝の際の基準としているICRPのリスク・モデルを批判している科学者の団体で、両者の主張のもっとも大きな相違点は、内部被曝をどの程度リスクに織り込むかという点だ。
ひとつは、やはり内部被曝の危険性を過小評価している点です。
外部被曝と内部被曝の違いは、こうイメージしてください。
石炭がくべられている暖炉の前に私が座ると、身体を温めることができます。
しかし、その赤熱した石炭を食べて体内に取り込もうとすれば、どうなるでしょうか?
私はすぐに死んでしまいます。
それが、外部被曝と内部被曝の危険度の違いです。
われわれは現在、フクシマから100kmの地点で採取した自動車のエアフィルターを調べていますが、ストロンチウムやウランが検出されている。
これらは内部被曝するとDNAに結合し、非常に危険です。
それにICRPを信用してはいけない理由があります。
'09年4月、私はスウェーデンのストックホルムでICRPの最高責任者の一人であるジャック・ヴァレンティン[Jack Valentin]博士に会いました。
彼こそがICRPのリスク・モデルを書いた張本人ですが、彼は私に、「ICRPの内部被曝についてのリスク・モデルは間違っている」と認めたのです。
彼はその際、内部被曝について「最大900倍ものエラー(過小評価)がある」と証言しています。
彼がそうした発言を始めたのは、ICRPを辞任したから。それで、ようやく「自分たちは間違っていた」と証言し始めたわけです。
そうした人々は、刑務所に送るべきです。
私は個人的に、『科学的不誠実』(scientific dishonesty)という犯罪があるべきだと思っています。
該当する学者は、通常の刑事裁判と同じように法廷で裁かれるべきだと思う。
チェルノブイリ事故で汚染されたベラルーシでは、5人に4人の子どもが何らかの病気に罹った状態で生まれてくるという状況です。
市民の寿命は、おそらく15年は縮められたでしょう。
ベラルーシでは今、多くの人々が40代でこの世を去っている。
事故によって、完全に国がメルトダウンしたのです。
恐ろしいほど危険です。核種によりますが、内部被曝は、同じ線量の外部被曝に比べ、300-1000倍も危険です。
こちらもご参照ください。
国の暫定基準値の 500Bq/Kgは 全面核戦争に陥った場合に, 餓死を避けるためにやむを得ず口にする食物の汚染上限です。
もしも放射性セシウム137が500Bq/Kgも含まれた食品を3年食べたら致死量に達します。
-松田浩平 東北文京大教授-
この信じられないくらい甘い基準により、EUでは日本製の食品が全面的に禁輸されているようです。
ちなみにスイスでは放射性ヨード131で食品全般、液状食品両方で1キログラム中わずか10ベクレルという厳しい基準です。
ドイツ放射線防護協会、未成年者は1kgあたり4ベクレル(Bq)以上、成人は1kgあたり8Bq 以上のセシウム137を含む飲食物を摂取しないことを推奨
実際、セシウムは筋肉、特に心筋にたまり、突然、心筋梗塞を起こします。
セシウムが心筋に蓄積すると確実に死ぬ。刺激伝導系が全てやられ不整脈で死ぬ。
心不全で死ぬ。
突然、心室細動、TdP、パルスVTが起こる。まだ報道されてない思う。
-児玉龍彦 東大教授-
【記録】2011年3月14日11時1分。
臨界による核爆発が起きる(2011年3月14日、日本テレビお昼のニュースより)。
この映像を流した責任を問われ、日テレ報道局デスク木下黄太氏は、日本テレビを退職することになった。


【必見動画】
放射能は今でもこわいよ! 子どもを守ろう! 11.7新宿アルタ前デモ 2015年11月7日(土)(録画)
twitcasting.tv/7l2cnc/movie/214443259 (動画)
【必見・拡散『チェルノブイリ・ハート』無料配信】
映画『チェルノブイリ・ハート』は、一人でも多くの日本人に見せてください。
無料で見られます。
一億人が見たら変わります。
一人でも多くつないでください。

https://twitter.com/Lulu__19/lists/radioactivity>~追加情報~
sougi.bestnet.ne.jp/php/funeral_jump.php?type=FW&start_id=1&...
故人名:浜津 三千雄 / はまつ みちお
享年:65歳
故人情報:福島民報社監査役。福島県出身。
故人宅住所:福島県郡山市大槻町原田東
死亡情報:
2016年09月12日午後11時47分、
多発性脳梗塞のため、福島市の病院で死去。
喪主名:浜津 宏子 / はまつ ひろこ
喪主/続柄:妻
この訃報に関するその他の情報:
東日本大震災・東京電力福島第1原発事故の発生当時、
福島民報社の編集局長を務めていた。
葬儀・告別式:2016年09月17日 午後01時00分~
あおき郡山斎苑(福島県郡山市昭和○○)>毎時0,23マイクロシーベルトで年間1ミリシーベルト?
ちみは計算もできないのか?まあ~コピペしか載せないからな~
もっと正確に書いてあったと思うけどね。
まあ、言える事はどんな室内とかでも0マイクロシーベルトはあり得ないって事ですな。←これヒント>

〔加藤米男氏(サンケン会長)20日、急死(61)*福島市北沢〕

〔加藤米男氏(サンケン会長)20日、急死(61)*福島市北沢〕www.minyu-net.com/news/okuyami/FM20161021-121022.php加藤米男氏(かとう・よねお=サンケン会長)20日死去、61歳。
自宅は福島市北沢又字小泉南〇〇。
サンケンとの合同葬として通夜は22日午後6時、告別式は23日正午から福島市鎌田のたまのやこころ斎苑鎌田で。
喪主は妻・良子さん。
***近年、50代&60代はもとより、30代&40代or20代以下の訃報が激増している異様な兆候に、戦慄を覚えます。
鈴木正行氏(植田郵便局郵便部課長)2016年10月18日急死(60) *いわき市泉ケ丘赤津庄一氏(総合cleaningヤマゼン代表)2016年10月17日急死(58) [いわき市山田町塙沢]根本彰彦氏(いわき市公園緑地観光公社理事長)2016年10月17日急死(62)金成進一氏(㈲宣通・代取)2016年10月16日死去(65) [いわき市平上平窪字八反口]五十嵐正氏(福島・下郷町消防団副団長)2016年10月13日急死(60)大竹康裕氏(大竹商店代表)2016年10月10日急死(61) *福島・いわき市紺野裕之氏(㈱建誠・工事部課長)2016年10月10日、急死(45) *福島・いわき市小名浜大原鎌倉秀春氏(鎌倉左官工業代表)2016年10月2日死去(64) *福島・楢葉町山田岡椎野幸嗣氏(元祖円盤餃子満腹店主/福島市)2016年9月21日死去(61)渡辺一雄氏(元福島・本宮市消防団長)2016年9月18日死去(68)佐藤勝比呂氏(諏訪神社宮司 /福島・いわき市三和町)2016年9月14日急死(54) 浜津三千雄氏(福島民報社監査役)12日、多発性脳梗塞で死去(65) [福島・郡山市](毎日新聞 2016年9月13日)山野辺美恵子さん(みのり会館社長山野辺政幸氏の妻)2016年9月9日死去(59)*福島石川町 吉田世紀子さん(元長橋病院病棟看護師長)2016年9月5日急死(61)[いわき市小川町高萩]宇野佳治氏(「初治」代表取締役/ドラマー)2016年9月4日急死(55) 石橋秀郎氏(石橋工業社長)2016年9月3日、福島・郡山市鶴見坦の自宅で急死(48)髙木桂三氏(いわき市/アルパイン技研(株)経営推進部部長)2016年8月15日急死(51) 村田勝利氏(茨城サービスエンジニアリング土木建築部課長)2016年8月4日急死(57) ◎自宅:いわき市磐上湯長谷町釜ノ前○○山野邊良典氏(東邦亜鉛㈱小名浜製錬所総務課長)2016年8月6日急死(60) 横山茂幸氏(福島市消防本部福島消防署清水分署救急第1係長)2016年8月2日急死(54)村上直人氏(いわき魚類㈱塩干部加工課・課長)2016年7月6日急死(52) 林出淳一氏(大東銀行・会津支店長代理)2016年6月20日急死(56)[福島・会津若松市]横田政典氏(福島県警取り調べ監督業務推進室長)2016年6月8日、福島市の自宅で急死(57)伊東誠氏(福島市/福島県教育庁施設財産室主幹)2016年5月27日急死(51)菅野浩氏(福島市/福島民友新聞社総務局専門委員)2016年5月25日、急死(47)等note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n265232から遡っていけばお分かりの通り、特に福島・東部、北&南茨城方面の若年層の訃報については、1F事故後、ほぼ毎日のように断続的に相次いでいるので、記録を続けている当方も特に人道感覚が若干麻痺してきており、鎮魂の次元を通り越してもはや死者の統計上の数値としてしか見られなくなってきました。
従って、今回の若年層の訃報も、決して珍しいケースとはいえないどころか、特に福島・東部、北&南茨城方面に関しては、日常茶飯事のレベルと言えるでしょう。
なお、福島県内でも比較的汚染レベルが低いとされる福島・西部においても、↓の「汚染状況重点調査地域 」の該当地域を中心として近年、比較的若年層の訃報(急死)も目立ってきたように感じています。
*近年、50代&60代はもとより、30代&40代の訃報が激増している異様な兆候に、戦慄を覚えます。
詳しい病名(死因)は不明ですが、最近の(「福島県」を中心とした)東日本広域においても、比較的若年層の著名人の訃報&重篤疾患の急増から推測しても、地理的&時系列的にも、被曝疾患としての側面が非常に強いと言えるのでは?特に、チェルノブイリの経験則から、被曝疾患の爆増期に相当する今年2016年度以降、(若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因のある方等)被曝感受性の強い方から順に被曝影響が顕在化傾向にあると言えるのではないでしょうか? PS〔除染対象の8県102市町村公表 費用は原則国が負担〕(朝日新聞 2011年12月19日)www.asahi.com/special/10005/TKY201112190517.html略■汚染状況重点調査地域 【福島県】福島市★、郡山市、いわき市、白河市、須賀川市、相馬市、二本松市、伊達市、本宮市、桑折町、国見町、大玉村、鏡石町、天栄村、会津坂下町、湯川村、三島町、昭和村、会津美里町、西郷村、泉崎村、中島村、矢吹町、棚倉町、矢祭町、塙町、鮫川村、石川町、玉川村、平田村、浅川町、古殿町、三春町、小野町、広野町、新地町略■除染特別地域 【福島県】略補足〔突然死:約5万人/年(2010)⇒約11万6660人/年(2014)〕detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315375895...【セシウムの心臓へのリスクを警告】「僅か20-30Bq/kgでも心拍異常が発生。
それが突然死の原因になりうる。
」(バンダジェフスキー博士)<ベラルーシ基準(WBC)>一般成人:「危険レベル」:200Bq/kg「注意レベル」:70Bq/kg〔但し、生殖活動期の男女(特に20代、30代)「注意レベル」:50Bq/kg〕子供:「危険レベル」:50Bq/kg「注意レベル」:20Bq/kg 〔福島で急増するガンと心疾患 / 武田 邦彦・中部大学教授〕(2014年11月25日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n322212~参考~[福島県で急増する「死の病」の正体を追う! ~セシウム汚染と「急性心筋梗塞」多発地帯の因果関係~【第1回】](月間「宝島」2014年8月26日)[福島県でなぜ「ガン死」が増加しているのか? ~誰も書けなかった福島原発事故の健康被害~【第2回】](月間「宝島」2014年8月26日)〔緊急に報道に望む~福島の被曝の状況と病気を報道してください!〕(2015年7月12日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n352719

>>詳しい病名(死因)は不明ですが、↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑これでも「放射能!」と喚き散らすインディアン&ルルの低能クズコンビ!(爆笑!)

チェルノブイリを遥かに凌駕する福島!
セシウムはチェルノブイリの3倍!
キセノンはチェルノブイリの2.5倍!
マスコミや原発推進派の方々は未だに「福島はチェルノブイリよりもマシ」というような事を言っていますが、発表されている様々な資料を見てみると、福島とチェルノブイリは比較にもならないほどの圧倒的な差があります。
オーストリア気象庁が発表した福島原発事故で放出されたキセノン133の放出量データには「チェルノブイリ事故の2.5倍」と書かれており、EUの機関が調査した結果は「放射性セシウムの大気中放出量はチェルノブイリの3倍」となっているのです。
セシウムが3倍で、キセノンが2.5倍。
この数字を見るだけでも、福島原発事故の方がチェルノブイリ事故よりも桁違いに規模が大きく、両者を同じ土俵で比較すること自体が間違いであると分かります。
福島がチェルノブイリの数倍も汚染されているということは、放射能障害が発生する数もチェルノブイリの数倍になる可能性があると言えるでしょう。
実際に福島で発生した小児甲状腺癌とチェルノブイリで発生した小児甲状腺癌を比較してみると、ベラルーシは事故から2年で5人が発症したのに対して、福島は疑いと確定で44人です。
福島は200万人しか住んでいない県になのに、ベラルーシは人口1000万人もいる国であることを考えると、この数は非常に恐ろしく感じます。
小児甲状腺癌というのは、100万人に1人と言われているほど稀な病気であり、チェルノブイリ事故直後は放射能との関係を認めなかったソ連政府も、チェルノブイリ事故から4年後に29人も発症したことから、放射能との因果関係を渋々認めました。
ソ連が放射能との関係を認めた時よりも多い小児甲状腺癌が報告されているのに、日本の政府や専門機関は「チェルノブイリ事故では4~5年後に急増したから、因果関係は認められない」などと述べているのです。
ハッキリ言って、あまりにも頭が悪すぎると思います。
ここまで異常な数値が出ている以上は、福島原発事故との関連性を全力で調査するのが普通です。
それなのに、日本政府は何も対策していません。
せめて、大規模な染色体検査などをするべきです。
小児甲状腺癌が100万人に1人で、染色体異常も極めて少ない発症率なので、両方の症状を同時に発見することができれば、それは放射能による影響の可能性が高いと言えます。
もっとも、日本政府はそれを隠したいからこそ、染色体検査などを積極的にしないのでしょう。
ソ連はチェルノブイリ事故から5年半で崩壊しました。
一般的には「ソ連は軍事費の増大に耐え切れず崩壊した」となっていますが、実際には誰の目にも放射能の影響が隠し切れなくなったから、ソ連は崩壊という形で有耶無耶にしたということなのです。
チェルノブイリ事故の放射能による死傷者数は数百万人を超えており、これを超える規模の汚染が発生している日本では、1000万人単位で人口が激減すると予想されます。
今、日本は放射能との戦争状態に突入しており、見えない終わりに向けて進んでいるということなのです。
saigaijyouhou.com/blog-entry-953.html
【必見・拡散『チェルノブイリ・ハート』無料配信】
映画『チェルノブイリ・ハート』は、一人でも多くの日本人に見せてください。
無料で見られます。
一億人が見たら変わります。
一人でも多くつないでください。


https://twitter.com/Lulu__19/lists/radioactivity>

〔渡辺誠氏(「第5天心丸」船主)21日、急死(58) *北茨城市大津町〕

〔渡辺誠氏(「第5天心丸」船主)21日、急死(58) *北茨城市大津町〕www.0983-iwaki.com/逝去日:平成28年10月21日通夜日:平成28年10月24日18:00告別式:平成28年10月25日12:00斎場:やすらぎ聖苑喪主:妻?美智子様住所:北茨城市大津町***近年、50代&60代はもとより、30代&40代or20代以下の訃報が激増している異様な兆候に、戦慄を覚えます。
加藤米男氏(サンケン会長)20日、急死(61)*福島市北沢鈴木正行氏(植田郵便局郵便部課長)2016年10月18日急死(60) *いわき市泉ケ丘赤津庄一氏(総合cleaningヤマゼン代表)2016年10月17日急死(58) [いわき市山田町塙沢]根本彰彦氏(いわき市公園緑地観光公社理事長)2016年10月17日急死(62)金成進一氏(㈲宣通・代取)2016年10月16日死去(65) [いわき市平上平窪字八反口]五十嵐正氏(福島・下郷町消防団副団長)2016年10月13日急死(60)大竹康裕氏(大竹商店代表)2016年10月10日急死(61) *福島・いわき市紺野裕之氏(㈱建誠・工事部課長)2016年10月10日、急死(45) *福島・いわき市小名浜大原鎌倉秀春氏(鎌倉左官工業代表)2016年10月2日死去(64) *福島・楢葉町山田岡椎野幸嗣氏(元祖円盤餃子満腹店主/福島市)2016年9月21日死去(61)渡辺一雄氏(元福島・本宮市消防団長)2016年9月18日死去(68)佐藤勝比呂氏(諏訪神社宮司 /福島・いわき市三和町)2016年9月14日急死(54) 浜津三千雄氏(福島民報社監査役)12日、多発性脳梗塞で死去(65) [福島・郡山市](毎日新聞 2016年9月13日)山野辺美恵子さん(みのり会館社長山野辺政幸氏の妻)2016年9月9日死去(59)*福島石川町 吉田世紀子さん(元長橋病院病棟看護師長)2016年9月5日急死(61)[いわき市小川町高萩]宇野佳治氏(「初治」代表取締役/ドラマー)2016年9月4日急死(55) 石橋秀郎氏(石橋工業社長)2016年9月3日、福島・郡山市鶴見坦の自宅で急死(48)髙木桂三氏(いわき市/アルパイン技研(株)経営推進部部長)2016年8月15日急死(51) 村田勝利氏(茨城サービスエンジニアリング土木建築部課長)2016年8月4日急死(57) ◎自宅:いわき市磐上湯長谷町釜ノ前○○山野邊良典氏(東邦亜鉛㈱小名浜製錬所総務課長)2016年8月6日急死(60) 横山茂幸氏(福島市消防本部福島消防署清水分署救急第1係長)2016年8月2日急死(54)村上直人氏(いわき魚類㈱塩干部加工課・課長)2016年7月6日急死(52) 林出淳一氏(大東銀行・会津支店長代理)2016年6月20日急死(56)[福島・会津若松市]横田政典氏(福島県警取り調べ監督業務推進室長)2016年6月8日、福島市の自宅で急死(57)伊東誠氏(福島市/福島県教育庁施設財産室主幹)2016年5月27日急死(51)菅野浩氏(福島市/福島民友新聞社総務局専門委員)2016年5月25日、急死(47)等note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n265232から遡っていけばお分かりの通り、特に福島・東部、北&南茨城方面の若年層の訃報については、1F事故後、ほぼ毎日のように断続的に相次いでいるので、記録を続けている当方も特に人道感覚が若干麻痺してきており、鎮魂の次元を通り越してもはや死者の統計上の数値としてしか見られなくなってきました。
従って、今回の若年層の訃報も、決して珍しいケースとはいえないどころか、特に福島・東部、北&南茨城方面に関しては、日常茶飯事のレベルと言えるでしょう。
なお、福島県内でも比較的汚染レベルが低いとされる福島・西部においても、↓の「汚染状況重点調査地域 」の該当地域を中心として近年、比較的若年層の訃報(急死)も目立ってきたように感じています。
*近年、50代&60代はもとより、30代&40代の訃報が激増している異様な兆候に、戦慄を覚えます。
詳しい病名(死因)は不明ですが、最近の(「福島県」を中心とした)東日本広域においても、比較的若年層の著名人の訃報&重篤疾患の急増から推測しても、地理的&時系列的にも、被曝疾患としての側面が非常に強いと言えるのでは?特に、チェルノブイリの経験則から、被曝疾患の爆増期に相当する今年2016年度以降、(若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因のある方等)被曝感受性の強い方から順に被曝影響が顕在化傾向にあると言えるのではないでしょうか? PS〔除染対象の8県102市町村公表 費用は原則国が負担〕(朝日新聞 2011年12月19日)www.asahi.com/special/10005/TKY201112190517.html略■汚染状況重点調査地域 【福島県】略【茨城県】 日立市、土浦市、龍ケ崎市、常総市、常陸太田市、高萩市、北茨城市★、取手市、牛久市、つくば市、ひたちなか市、鹿嶋市、守谷市、稲敷市、鉾田市、つくばみらい市、東海村、美浦村、阿見町、利根町■除染特別地域 【福島県】略補足〔突然死:約5万人/年(2010)⇒約11万6660人/年(2014)〕detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315375895...【セシウムの心臓へのリスクを警告】「僅か20-30Bq/kgでも心拍異常が発生。
それが突然死の原因になりうる。
」(バンダジェフスキー博士)<ベラルーシ基準(WBC)>一般成人:「危険レベル」:200Bq/kg「注意レベル」:70Bq/kg〔但し、生殖活動期の男女(特に20代、30代)「注意レベル」:50Bq/kg〕子供:「危険レベル」:50Bq/kg「注意レベル」:20Bq/kg 〔福島で急増するガンと心疾患 / 武田 邦彦・中部大学教授〕(2014年11月25日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n322212~参考~[福島県で急増する「死の病」の正体を追う! ~セシウム汚染と「急性心筋梗塞」多発地帯の因果関係~【第1回】](月間「宝島」2014年8月26日)[福島県でなぜ「ガン死」が増加しているのか? ~誰も書けなかった福島原発事故の健康被害~【第2回】](月間「宝島」2014年8月26日)〔緊急に報道に望む~福島の被曝の状況と病気を報道してください!〕(2015年7月12日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n352719

●60歳過ぎて胃癌で死ねば放射脳のせい。
●70歳過ぎて脳梗塞になっても放射脳のせい。
●競馬の騎手が落馬したのは放射脳のせい。
●転んで怪我したのは放射脳のせい。
●自殺で死んでも放射脳のせい。
●70歳過ぎて心筋梗塞になっても放射脳のせい。
●登山で遭難死しても放射脳のせい。
●性同一性障害も放射能のせい。
●マグロがでかいのは放射脳のせい。
●パンダが発情しないのは放射脳のせい。
●尿路結石は放射脳のせい。
●鼻血が出るのは放射脳のせい。
●ヘリウムガスの吸い過ぎで倒れたのは放射脳のせい。
●若くして乳がんで死んだのは放射脳のせい。
●2009年から罹患してた白血病で死んだのは放射脳のせい。
●水族館のマグロが次々死んだのは放射脳のせい。
●何だか分からないけど心不全は放射脳のせい。
●88歳のバアさんが心不全で死んだのは放射脳のせい。
●ギックリ腰になったのは放射脳のせい。
●芸能人の息子が転落死したのは放射脳のせい。
●越後湯沢の中古マンションが売れないのは放射脳のせい。
●三船美佳が離婚したのは放射脳のせい。
●『ブラックジャック』の“人面瘡”は放射脳のせい。
●中高生女子の飲酒が多いのは放射脳のせい。
●上野動物園で大型動物が死んだのは放射脳のせい。
●若ハゲも放射脳のせい。
etcetcとにかく人が死ぬのは全部が放射脳のせい。
ついでに魚が死ぬのも全部放射脳のせい。
放射脳の バ カ さ加減が良く理解できました。

低線量放射線被曝の全症状一覧
bit.ly/yuuLSU
―チェルノブイリの苦難の経験は日本で繰り返されている
t.co/fMccPbE2
1)頭:頭痛、めまい、ぼうっとする、考えがまとまらない、ハイになる、うつになる、計算ができなくなる、多動様、二世においては少し知性に異常がでる、ノイローゼ、てんかん
2)粘膜:目、鼻、口、喉、声帯、性器関連の炎症が繰り返される。
目は子供にも白内障がのちのち増える、声帯が痛んで声が出なくなる。繰返し及び多発する口内炎。鼻:線量の高い低いにかかわらず、子供大人にかかわらず出る鼻血、あるいは異常な色の鼻水。歯茎からの出血。虫歯の悪化。
3)肺:咳、色付きのタンが止まらない。カラ咳。風邪と違う。あるいは繰り返す風邪。風邪が治らず気管支炎、肺炎と繰り返して入退院するようになる。喘息になる。子供は特に肺炎にかかりやすくなる。
4)胃腸:下痢または軟便が長期にわたり続く。胃の上部がしまった感じで食べ物が入って行かない、食欲が無い、吐き気、嘔吐、揚げ物がむかつく、量が食べられなくなる。胃が痛くなる。
5)疲労感:突然襲ってくる、身体のだるさが続く、眠くて仕方がない、立ってられない、子供の場合はゴロゴロしている。今まで感じたことのないだるさ。→原爆ぶらぶら病にとてもよく似ている
6)脱毛:徐々に抜ける場合もある
7)腎臓:夜中に腰の上あたり、腎臓のあたりが激痛が走るようになる。押すと少し楽になるが、ときどき起こる。腎臓炎、膀胱炎など。おねしょ。
8)耳:中耳炎を繰り返すようになる
9)皮膚:アレルギー症状の悪化、手の皮が剥ける、傷が治りにくい、ヘルペス=疱疹。皮膚が弱くなる。
10)心臓:大人も子供も心臓が痛くなる、病院に行って心電図をとってもらうが異常が出ない。夜中に踏まれたように胸が痛くなる。血圧異常が大人にも子供にも起こる。息が切れるようになる。パタンと倒れる。老若にかかわらず突然死 [福島原発-1で作業員百数十人が心筋梗塞で死んだ]。
11)関節痛、あるいは骨の痛み、骨の異常
12)生理不順、出血異常。女性器に関するトラブル。乳ガンなどの増加
13)甲状腺の異常、腫れ
14)リンパ節の腫れ、特に首や脇の下
15)その他:発熱など、神経反応の異常、ホルモンの異常、内分泌の異常、
16)出産の異常、分娩の異常、出生率と死亡率の逆転(汚染地域)
【記録】2011年3月14日11時1分。
臨界による核爆発が起きる(2011年3月14日、日本テレビお昼のニュースより)。
この映像を流した責任を問われ、日テレ報道局デスク木下黄太氏は、日本テレビを退職することになった。


【必見動画】
放射能は今でもこわいよ! 子どもを守ろう! 11.7新宿アルタ前デモ 2015年11月7日(土)(録画)
twitcasting.tv/7l2cnc/movie/214443259 (動画)
【必見・拡散『チェルノブイリ・ハート』無料配信】
映画『チェルノブイリ・ハート』は、一人でも多くの日本人に見せてください。
無料で見られます。
一億人が見たら変わります。
一人でも多くつないでください。

https://twitter.com/Lulu__19/lists/radioactivity>

〔西條昭司氏(元西条タクシー常務)5日急死(57)*郡山市大槻町〕

〔西條昭司氏(元西条タクシー常務)5日急死(57)*郡山市大槻町〕www.minyu-net.com/news/okuyami/FM20161107-125212.php西條 昭司氏(さいじょう・しょうじ=元西条タクシー常務)5日死去、57歳。
自宅は福島・郡山市大槻町字南原〇〇通夜は10日午後6時、告別式は11日午後1時から郡山市大槻町の静斎苑で。
喪主は長男太介(だいすけ)氏。
***近年、50代&60代はもとより、30代&40代or20代以下の訃報が激増している異様な兆候に、戦慄を覚えます。
大楽久男氏(喜建築㈲代表取締役)2016年11月3日急死(62)*いわき市内郷内町酒井正勝氏(「酒井屋」代表)2016年11月1日急死(50) *いわき市常磐藤原町阿部克一郎氏(常磐工業代表取締役)2016年10月30日急死(45) *福島・いわき市鈴木徹氏(元福島県北地方振興局次長)2016年10月25日急死(64)*福島市飯坂町斎藤邦雄氏(斎藤邦雄税理士事務所代表)2016年10月20日急死(61) *いわき市錦町原田渡辺誠氏(「第5天心丸」船主)2016年10月21日、急死(58) *北茨城市大津町加藤米男氏(サンケン会長)2016年10月20日、急死(61)*福島市北沢鈴木正行氏(植田郵便局郵便部課長)2016年10月18日急死(60) *いわき市泉ケ丘赤津庄一氏(総合cleaningヤマゼン代表)2016年10月17日急死(58) [いわき市山田町塙沢]根本彰彦氏(いわき市公園緑地観光公社理事長)2016年10月17日急死(62)金成進一氏(㈲宣通・代取)2016年10月16日死去(65) [いわき市平上平窪字八反口]五十嵐正氏(福島・下郷町消防団副団長)2016年10月13日急死(60)大竹康裕氏(大竹商店代表)2016年10月10日急死(61) *いわき市紺野裕之氏(㈱建誠・工事部課長)2016年10月10日、急死(45) *いわき市小名浜大原鎌倉秀春氏(鎌倉左官工業代表)2016年10月2日死去(64) *楢葉町山田岡椎野幸嗣氏(元祖円盤餃子満腹店主/福島市)2016年9月21日死去(61)渡辺一雄氏(元福島・本宮市消防団長)2016年9月18日死去(68)佐藤勝比呂氏(諏訪神社宮司 /福島・いわき市三和町)2016年9月14日急死(54) 浜津三千雄氏(福島民報社監査役)12日、多発性脳梗塞で死去(65) [郡山市](毎日新聞 2016年9月13日)山野辺美恵子さん(みのり会館社長山野辺政幸氏の妻)2016年9月9日死去(59)*石川町 吉田世紀子さん(元長橋病院病棟看護師長)2016年9月5日急死(61)[いわき市小川町高萩]宇野佳治氏(「初治」代表取締役/ドラマー)2016年9月4日急死(55) 石橋秀郎氏(石橋工業社長)2016年9月3日、福島・郡山市鶴見坦の自宅で急死(48)髙木桂三氏(いわき市/アルパイン技研(株)経営推進部部長)2016年8月15日急死(51) 村田勝利氏(茨城サービスエンジニアリング土木建築部課長)2016年8月4日急死(57) ◎自宅:いわき市磐上湯長谷町釜ノ前○○山野邊良典氏(東邦亜鉛㈱小名浜製錬所総務課長)2016年8月6日急死(60) 横山茂幸氏(福島市消防本部福島消防署清水分署救急第1係長)2016年8月2日急死(54)村上直人氏(いわき魚類㈱塩干部加工課・課長)2016年7月6日急死(52) 林出淳一氏(大東銀行・会津支店長代理)2016年6月20日急死(56)[会津若松市]横田政典氏(福島県警取り調べ監督業務推進室長)2016年6月8日、福島市の自宅で急死(57)伊東誠氏(福島市/福島県教育庁施設財産室主幹)2016年5月27日急死(51)菅野浩氏(福島市/福島民友新聞社総務局専門委員)2016年5月25日、急死(47)等note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n265367から遡っていけばお分かりの通り、特に福島・東部、北&南茨城方面の若年層の訃報については、1F事故後、ほぼ毎日のように断続的に相次いでいるので、記録を続けている当方も特に人道感覚が若干麻痺してきており、鎮魂の次元を通り越してもはや死者の統計上の数値としてしか見られなくなってきました。
従って、今回の若年層の訃報も、決して珍しいケースとはいえないどころか、特に福島・東部、北&南茨城方面に関しては、日常茶飯事のレベルと言えるでしょう。
なお、福島県内でも比較的汚染レベルが低いとされる福島・西部においても、↓の「汚染状況重点調査地域 」の該当地域を中心として近年、比較的若年層の訃報(急死)も目立ってきたように感じています。
*詳しい病名(死因)は不明ですが、最近の(「福島県」を中心とした)東日本広域においても、比較的若年層の著名人の訃報&重篤疾患の急増から推測しても、地理的&時系列的にも、被曝疾患としての側面が非常に強いと言えるのでは?特に、チェルノブイリの経験則から被曝疾患の爆増期に相当する今年2016年度以降、(若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因のある方等)被曝感受性の強い方から順に被曝影響が顕在化傾向にあると言えるのでは? PS〔除染対象の8県102市町村公表 費用は原則国が負担〕(2011年12月19日)www.asahi.com/special/10005/TKY201112190517.html■汚染状況重点調査略補足〔突然死:約5万人/年(2010)⇒約11万6660人/年(2014)〕detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315375895...【セシウムの心臓へのリスクを警告】「僅か20-30Bq/kgでも心拍異常が発生。
それが突然死の原因になりうる。
」(バンダジェフスキー博士)<ベラルーシ基準(WBC)>一般成人:「危険レベル」:200Bq/kg「注意レベル」:70Bq/kg〔但し、生殖活動期の男女(特に20代、30代)「注意レベル」:50Bq/kg〕子供:「危険レベル」:50Bq/kg「注意レベル」:20Bq/kg 〔福島で急増するガンと心疾患 / 武田 邦彦・中部大学教授〕(2014年11月25日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n322212~参考~[福島県で急増する「死の病」の正体を追う! ~セシウム汚染と「急性心筋梗塞」多発地帯の因果関係~【第1回】](月間「宝島」2014年8月26日)[福島県でなぜ「ガン死」が増加しているのか? ~誰も書けなかった福島原発事故の健康被害~【第2回】](月間「宝島」2014年8月26日)〔緊急に報道に望む~福島の被曝の状況と病気を報道してください!〕(2015年7月12日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n352719

●死因が不明でも放射脳のせい。
●性犯罪が起これば放射脳のせい。
●60歳過ぎて胃癌で死ねば放射脳のせい。
●70歳過ぎて脳梗塞になっても放射脳のせい。
●競馬の騎手が落馬したのは放射脳のせい。
●転んで怪我したのは放射脳のせい。
●自殺で死んでも放射脳のせい。
●70歳過ぎて心筋梗塞になっても放射脳のせい。
●登山で遭難死しても放射脳のせい。
●性同一性障害も放射能のせい。
●マグロがでかいのは放射脳のせい。
●パンダが発情しないのは放射脳のせい。
●尿路結石は放射脳のせい。
●鼻血が出るのは放射脳のせい。
●ヘリウムガスの吸い過ぎで倒れたのは放射脳のせい。
●若くして乳がんで死んだのは放射脳のせい。
●2009年から罹患してた白血病で死んだのは放射脳のせい。
●水族館のマグロが次々死んだのは放射脳のせい。
●何だか分からないけど心不全は放射脳のせい。
●88歳のバアさんが心不全で死んだのは放射脳のせい。
●ギックリ腰になったのは放射脳のせい。
●芸能人の息子が転落死したのは放射脳のせい。
●越後湯沢の中古マンションが売れないのは放射脳のせい。
●三船美佳が離婚したのは放射脳のせい。
●『ブラックジャック』の“人面瘡”は放射脳のせい。
●中高生女子の飲酒が多いのは放射脳のせい。
●上野動物園で大型動物が死んだのは放射脳のせい。
●若ハゲも放射脳のせい。
etcetcとにかく人が死ぬのは全部が放射脳のせい。
ついでに魚が死ぬのも全部放射脳のせい。
放射脳の バ カ さ加減が良く理解できました。

違反報告済み、以上。>これから何が起きるのか?
私の知恵ノートから回答いたします。
私は311フクイチ事故直後から、「みんなが想像してる千倍以上恐ろしいことが起きると言い続けてきた」
ほんの1グラム環境に漏れても大変なことになる放射能が数トンの単位で地上に拡散したのだ。
それは広島原爆を数百個も同時に爆発させたほどの凄まじい放射能汚染が起きることを意味するのだから、政府マスコミ電力が吹聴してるような大本営発表ですむはずがなく、まさに日本民族存亡、日本国家崩壊の危機が訪れたと考えねばならない。
私は反原発運動にかかわり、長い時間をかけて世界各地の核実験の影響や放射能事故を調べ、たくさんの被曝事例を知っていた。
放射能被曝障害をデタラメに甘く考えるアホ学者も多いが、過去の被曝事件を少しでも調べれば「放射能が体にいい」などの妄言が、どれほど陳腐、無知蒙昧で唾棄すべき愚劣な発言か誰でも理解できるはずだ。
フクイチ・メルトダウン爆発事故で放出された放射能総量は約8トンで、ほぼチェルノブイリ事故に匹敵するものであった。ならばチェルノブイリで起きたことが、そのまま日本で再現されるのは当然のことだ。
チェルノブイリで、いったい何が起きたのか?
この事故で、ソ連政府も後継のロシア政府も、未だに事故による死者総数は33名と言い張っている。
だが、ウソで固めたことしか言わないソ連、ロシアの公式声明を真に受ける者は人類に皆無だろう。
たぶん当のロシア政府関係者や国民の誰一人信じていない。
身近に放射能による莫大な死者を見せつけられてきたはずだから。
国連機関を装ってはいるが実質、原子力産業の代理機関であるIAEAですら死者4000名と評価していて、これも原子力産業に乗っ取られたICRP国際放射線防護委員会は数万名程度の死亡と評価、信頼性の高い欧州核医学研究機関ECRRは140万人の死者が出たと主張し、これを裏付けるようにウクライナ政府の下部機関も自国だけで、すでに150万人の死者が出たと公表した。
だが、これらの数字すら膨大な死者数の氷山の一角にすぎないのである。
ウクライナ・ベラルーシ現地で被曝者の救援に当たってきた分子生物学者の河田昌東は、被曝が原因と認定される疾病は全体の一割にも満たないと断言している。
これまでICRPが被曝病と認めたのは癌・白血病だけだが、実際に人が死ぬのは心臓病・脳梗塞・糖尿病・多臓器不全など多岐にわたっていて、通常の病気と区別はつきにくく被曝との因果判定は不可能であって、大半の疾病や死亡は原因不明のまま放置されると指摘している。
ICRPの被曝評価は、内部被曝が完全に無視され、外部被曝によるガン白血病に限定された原子力産業擁護の目的に沿った政治的なものであって、実際には内部被曝の影響はICRP評価の600倍に上るというのが矢ヶ崎琉大教授ら内部被曝研究者の常識なのである。
我々は、フクイチ事故後、チェルノブイリ救援にあたってきたドイツの女医の言葉を噛みしめる必要がある vogelgarten.blogspot.com/2011/10/das-leise-sterben.html
【インタビュアー: 汚染地域で生きること言うことを、どのように想像したらいいのでしょうか?
生きるですって? 何よりも人々は死んで行くのです。
静かに死んでいきます。
主に癌が原因ですが、あらゆる病気で人々は死んでいきます。
ストロンチウムも大きく起因しています。
例えばエネルギー交換が不可能となって心筋がやられます。
ベラルーシーで行った診察は、子供達が2歳、3歳、4歳にして急性心不全で死んで行くことを証明しています。
癌だけではないのです。
腎臓不全、肝不全や多くは血液製造障害が原因で人々は死んでいきます。
これらは「チェルノブイリ・エイズ」という名称で知られ、生き延びられるチャンスはほとんどありません。】
いったい、本当の死者は、どれほどなのだろう?
その答は、原子力産業が莫大なカネをばらまいた政府、産業界や学問界には存在しない。
ただ操作されない自然な人口統計のなかにあるはずだ。
放射能の影響のあった地域に起きた人口の変化だけが真実を語ってくれるはずなのである。
ところが、ソ連政府は1986年の事故後、3年間の人口動態統計を隠してしまった。
これには驚いたが、WHOの人口動態統計にソ連の3年間は空白になっている。
つまり、ソ連では、統計すら廃棄せざるをえないほど恐ろしい事が起きたのである。
しかし、何もかも焚書することもできず、漏れ伝えられた情報もいくらか残っている。
そのうち人口動態を推理可能な重要なものが以下のグラフである。
このグラフの示すものは何か?
事故が起きた1986年から8年後の1994年に極端な平均寿命の低下が起きている。
しかし、それ以前は、なだらかな右肩上がりのグラフによって順調に平均寿命が延びていることが分かる。
この激しい凋落の理由について、ロシア関係者や御用学者たちは、91年に起きたソ連政府の崩壊を都合良く解釈し、これによって男たちが絶望しウオッカを飲み過ぎて寿命を縮めたなどとアホ臭いデタラメ解釈を公然と押しつけてきた。
これを京大・今中哲治のような左派御用学者でさえ主張したのには本当に驚かされた。
彼らの主張の根拠は、汚染被害の激しかったベラルーシではこうした凋落が小さいこと。
1600キロと遠く離れたカザフスタンでも同じように凋落傾向があった。
あんな遠くにまで放射能が飛散したはずがないというものだった。
しかし、ベラルーシはチェルノブイリ事故で崩壊したソ連から分離独立したとはいえ、実は事故のあまりの惨禍に恐れをなしたソ連政府関係者が、独立させることで事故被害の後始末と補償をロシアから切り離す目的でウクライナとベラルーシを傀儡政権によって独立させたことが常識なのであって、とりわけベラルーシは利権官僚が傀儡独裁政権を結成してチェルノブイリ被害を含む統計データを捏造してきたことが広く知られている。
またカザフスタンが1600キロ離れて被曝がなかったというのも、とんでもない詭弁であって、同じくらい遠いトルコも激しい汚染に見舞われ、たくさんの被曝死者を出しているし、ヨウ素・セシウム汚染は遠く地中海沿岸諸国や日本や北米でさえ驚くほどの濃度が検出されてきたののである。
ましてカザフスタンはソ連の核実験場として有名で、中国のゴビ核実験場にも近く、被曝の影響を多重に受けて相乗作用が働いている可能性を容易に想像しうるはずだ。
また、フクイチ事故の放射能が1万キロも離れた北米大陸を汚染し、アメリカの著名医学雑誌が1万4千名の死者が出たと正式論文を掲載しているのである。
www.prnewswire.com/news-releases/medical-journal-article--14000-us-deaths-tied-to-fukushima-reactor-disaster-fallout-135859288.html
1万キロ離れたアメリカで、わずか数ヶ月のうちに14000名の被曝死者が出たことが事実なら、日本では、いったいどれほどの人々がすでに死亡し、これから死亡するというのだろう?
これを、上のロシア平均寿命グラフから大ざっぱに推測してみよう。
本来ならOECD諸国平均の順調な右肩上がりグラフがロシアにおいても期待されるはずであった。
ところが94年、女性で74歳だった期待水準に比べて71歳、3歳も低下し、男性も65歳より57歳になって8年も低下していて、平均8%低下を意味していると考えられよう。
ロシアの人口が1.5億人だったので、1.5億×8%=1200万人 が実質的に寿命を失ったことになる。
しかも、これは94年だけの話だ。
事故以来の毎年の期待寿命からの乖離を積み重ねれば実に恐ろしい数字が出てくる。
これはチェルノブイリ事故の、期待される寿命に対する失われた余命、延べ総死者数がロシアだけで数千万人に迫る可能性を意味するのではないか?
この厳密な計算は難しいが、読者には直感的に判断願う。
これが酒を飲み過ぎたせいだと?
バカも休み休み言え!
私は、これと同じことが、これから日本で起きると主張してきたのだ!
これから、恐ろしい数の人々が死んでゆく。
仮に日本人の寿命が1割低下したとすれば、期待される余命を人口に換算するなら、やはり数千万の単位になる。
放射能が飛散した全世界で失われた命の総数は、おそらく億に達するであろう。
事故後25年を経たベラルーシの現状は凄まじいものだ。
生まれてくる子供のうち、健全な者は20%しかいない。
それも見かけだけの話で、多くは知的低下を来している。
日本も必ず同じようになるはずだ。
まともに生まれてくる子供たちは、ごく一部にすぎない。
そして大半の子供が知能低下を来すはずだ。
広島長崎の被曝データを検証した米軍ABCCの後継機関である放射線影響研究所は、さらに恐怖のデータを示している。
www.rerf.or.jp/radefx/uteroexp/physment.html
それは、胎児で5ミリグレイ(≒シーベルト)被曝した場合、4.4%が重度知的障害児として誕生するというものだ。
たぶん、半数以上が軽度の知能低下を来すだろう。
1962年核実験の影響を調査した米海兵隊の統計では、62年生まれのIQが無被曝年度兵に比較して10以上低かったと「被曝国アメリカ」という本に記載されている。
福島周辺、おそらく東京都内ですら、3月の妊婦の被曝量はミリシーベルトの単位に達していたはずだ。
稼働原発事故の初期は莫大な短寿命核種で汚染されるからだ。
日本政府が放射線測定を始めたのは、そうした短寿命核種が消えた4月以降のことであった。
これも政府関係者があまりの凄まじい線量と被曝を隠蔽する目的で意図的に計測しなかったことは明白だ。
したがって、これから真の地獄が認識されるようになる。
知的障害は出生直後には分からない。
数年してはじめて分かるものだからだ。
blogs.yahoo.co.jp/tokaiama/22327354.html>

-清水銀行

© 2021 切ないほど投資信託で負けた乙