清水銀行

長文すいません。息子が大学受験を控えてるのですが、お恥ずかしなが...清水銀行

〔村田勝利氏(茨城サービスエンジニアリング土木建築部課長)4日急死(57) 〕

〔村田勝利氏(茨城サービスエンジニアリング土木建築部課長)4日急死(57) 〕www.0983-iwaki.com/茨城サービスエンジニアリング土木建築部課長。
逝去日:平成28年08月04日通夜日:平成28年08月10日18:00告別式:平成28年08月11日10:30斎場:さがみ葬祭会館いわき喪主:妻 恵子様住所:いわき市常磐上湯長谷町釜ノ前○○★***〔山野邊良典氏(東邦亜鉛㈱小名浜製錬所総務課長)2016年8月6日急死(60) 〕detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1016263961...〔横山茂幸氏(福島市消防本部福島消防署清水分署救急第1係長) 2016年8月2日急死(54)〕 〔村上直人氏(いわき魚類㈱塩干部加工課・課長) 2016年7月6日急死(52) 〕 林出淳一氏(大東銀行・会津支店長代理) 2016年6月20日急死(56)[福島・会津若松市] 横田政典氏(福島県警取り調べ監督業務推進室長) 2016年6月8日、福島市の自宅で急死(57)〕 〔伊東誠氏(福島市/福島県教育庁施設財産室主幹) 2016年5月27日急死(51)〕 〔菅野浩氏(福島市/福島民友新聞社総務局専門委員) 2016年5月25日、急死(47)〕 等note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n264191 から遡っていけばお分かりの通り、 特に福島・東部、北&南茨城方面の 若年層の訃報については、 1F事故後、ほぼ毎日のように 断続的に相次いでいるので、 記録を続けている当方も 特に人道感覚が若干麻痺してきており、 鎮魂の次元を通り越して もはや死者の統計上の数値としてしか 見られなくなってきました。
従って、今回の若年層の訃報も、 決して珍しいケースとはいえないどころか、 特に福島・東部、北&南茨城方面に関しては、 日常茶飯事のレベルと言えるでしょう。
なお、福島県内でも 比較的汚染レベルが低いとされる 福島・西部においても、 ↓の「汚染状況重点調査地域 」の該当地域を 中心として近年、比較的若年層の訃報(急死)も 目立ってきたように感じています。
* 近年、50代&60代はもとより、 30代&40代の訃報が激増している 異様な兆候に、戦慄を覚えます。
詳しい病名(死因)は不明ですが、 最近の(「福島県」を中心とした) 東日本広域においても、 比較的若年層の著名人の訃報 &重篤疾患の急増から推測しても、 地理的&時系列的にも、 被曝疾患としての側面が 非常に強いと言えるのではないでしょうか? 特に、チェルノブイリの経験則から、 被曝疾患の爆増期に相当する今年2016年度以降、 (若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因 のある方等)被曝感受性の強い方から順に 被曝影響が顕在化傾向にあると 言えるのではないでしょうか? PS 〔除染対象の8県102市町村公表 費用は原則国が負担〕 (朝日新聞 2011年12月19日) 東京電力福島第一原発の事故による放射能汚染で、 環境省は19日、 東北・関東地方の8県の102市町村を 国から除染の財政支援が受けられる 「汚染状況重点調査地域」に指定した。
放射線量が毎時0.23マイクロシーベルト以上で 事故による追加被曝線量が 年間1ミリシーベルトを超える区域があることが条件。
同省が事前に市町村に指定を受けるかどうか尋ねていた。
指定されるのは 岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉県 の市町村。
2012年1月に本格施行される 放射性物質汚染対処特別措置法によって、 市町村が地表から1メートルのところで 0.23マイクロシーベルト以上になる区域を選んで 除染計画を立てる。
すでに除染を始めている場合も対象。
線量の測定や除染に直接関係する費用は原則、国が負担する。
ただし、指定条件にあたる区域があるのに、 「市町村全域で線量が高いと誤解されかねない」 などとして指定を受けていない市町村があるという。
一方、局所的に周囲より線量が高い 「ホットスポット」だけの除染は対象外だ。
千葉県銚子市のように、 指定を受けられないか相談した市町村でも、 線量が高い一定の広さの区域が対象になる として指定を見送ったケースもあった。
また、福島第一原発から20キロ圏内の警戒区域や、 線量が年間20ミリシーベルトを超える計画的避難区域の 11市町村を国が直接除染する「除染特別地域」に指定した。
■汚染状況重点調査地域 【福島県】 福島市、郡山市、いわき市★、白河市、須賀川市、相馬市、 二本松市、伊達市、 本宮市、桑折町、国見町、大玉村、鏡石町、天栄村、 会津坂下町、湯川村、 三島町、昭和村、会津美里町、西郷村、泉崎村、中島村、 矢吹町、棚倉町、 矢祭町、塙町、鮫川村、石川町、玉川村、平田村、 浅川町、古殿町、三春町、 小野町、広野町、新地町。
*田村市、南相馬市、川俣町、川内村は 警戒区域や計画的避難区域もあるが、 そうした区域以外の地域 。
■除染特別地域 【福島県】略補足〔突然死:約5万人/年(2010)⇒約11万6660人/年(2014)〕detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315375895... 【セシウムの心臓へのリスクを警告】 「僅か20-30Bq/kgでも心拍異常が発生。
それが突然死の原因になりうる。
」 (ベラルーシ・バンダジェフスキー博士) <ベラルーシ基準(WBC)> 一般成人: 「危険レベル」:200Bq/kg 「注意レベル」:70Bq/kg 〔但し、生殖活動期の男女(特に20代、30代) 「注意レベル」:50Bq/kg〕 子供: 「危険レベル」:50Bq/kg 「注意レベル」:20Bq/kg ~「事実を知るには勇気がいる」~ (チャールズ・ロバート・ダーウィン) 〔福島で急増するガンと心疾患 / 武田 邦彦・中部大学教授〕 (2014年11月25日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n322212 ~参考~ [福島県で急増する「死の病」の正体を追う! ~セシウム汚染と「急性心筋梗塞」多発地帯の因果関係~【第1回】] (月間「宝島」2014年8月26日) [福島県でなぜ「ガン死」が増加しているのか? ~誰も書けなかった福島原発事故の健康被害~【第2回】] (月間「宝島」2014年8月26日)

このインディアンとlulu_01_09という嘘吐きコンビ、 人が死ねば全て放射能、と騒ぐが、関連性を証明できた例は一つも無いデマ野郎ども。

長崎の原爆の日にこういう質問をする、あなたの神経がわかりません。
訃報がそんなに楽しいですか?少なからず人としての心を持っていただきたいものです。>寄せられ続ける「突然死」の報告。それでも医師が口をつぐむ理由とは~相次ぐ「突然死」の裏で何が起こっているか
【転載開始】
スターングラス博士は、骨に取り込まれたストロンチウム90がβ崩壊を繰り返してイットリウム90になると、骨から肺、心臓、生殖器などに移動し、膵臓に最も高い集中が見られる、というのです。これが、膵臓がんや糖尿病の増加につながっている本当の原因である
多くの著名人たちの「突然死」や「不意の死」・・・「多臓器不全」という死因の裏側にあるもの
【2015年11月死去】
・11.15 俳優阿藤快 「心不全」 69歳
・11.17 新潟市議遠藤哲 「肝細胞がん」 65歳
・11.19 ロックバンドnurmutt沼田祐揮 「急性白血病」 29歳
【2015年10月死去】
・10.1 造形作家内田恭輔 「脳出血」 37歳
・10.10 TVレポータ猿渡ゆか 「心不全」 35歳
・10.16 元プロ野球盛田幸妃 「脳腫瘍」 45歳
・10.22 漫画家宮田紘次 「高血圧性脳出血」 34歳
・10.26 茨城阿見町議・藤平竜也 「心筋梗塞」 43歳
・10.27 声優松来未祐 「急性肺炎」 38歳
・10.28 パントマイマー本多愛也 「くも膜下出血」 52歳
・10.30 俳優戸井田稔 「静脈瘤破裂」 63歳
【2015年9月死去】
・9.2 声優斉藤瑞樹 「肺動脈血栓」 41歳
・9.19 フリーアナウンサー黒木奈々 「胃がん」 32歳
・9.23 阪神GM中村勝広 「急死」 66歳
・9.24 川島なお美 「胆管がん」 54歳
・9.24 samfree佐野貴幸 「内因性の急死」 31歳
【2015年8月死去】
・8.2 音楽プロデューサ鈴木健士 「急性心不全」 54歳
・8.4 写真家天野尚 「肺炎」 61歳
・8.5 慶大野球部前監督竹内秀夫 60歳
・8.8 しまむら執行役員山田康治 「低酸素脳症」 58歳
・8.9 前財務事務次官香川俊介 58歳
・8.12 俳優/舞台演出家加藤和久 42歳
・8.13 ピン芸人相原慎吾 「くも膜下出血」 31歳
・8.13 スターダストプロモーション渡辺孝行 33歳
・8.16 大伸化学専務遠藤裕良 57歳
・8.18 漫画家紺野比奈子 「急性心臓疾患」 30代
・8.18 前国分寺市議楠井まこと 「くも膜下出血」 38歳
【2015年7月死去】
・7.4 芸術家櫻井りえこ 「癌」 38歳
・7.8 ぬいぐるみアーチスト佐藤佳代 35歳
・7.11 任天堂社長岩田聡 「胆管腫瘍」 55歳
・7.12 『膝の皿ジャック』大江悠太 「突然死」 22歳
・7.12 「パドリスタ」渡辺拓雄 「急性心不全」 35歳
・7.13 C-C-B渡辺英樹 「多臓器不全」 55歳
・7.19 黒色エレジーKyoko 50代?
・7.19 トランザム高橋のぶ 65歳
・7.23 人気ボカロP椎名もた 20歳
・7.23 元キャスター上田昭夫 62歳
・7.27 大戸屋HD会長三森久実 「肺がん」 57歳
・7.28 長唄三味線稀音家六四郎 「食道がん」 58歳
・7.28 仮面ライダー555泉政行 35歳
・7.30 ギタリスト佐藤正美 63歳
・7.30 東京音大教授海老原直美 「急性骨髄性白血病」 66歳
・7.31 画家中園孔二 23歳
・7.31 テクノアソシエ会長・橋本修 「肺がん」 65歳
出典:放射能汚染と糖尿病の激増~相次ぐ「突然死」の裏で何が起こっているか | マネーボイス
寄せられ続けている「突然死」の報告
3.11の巨大地震に引き続いて起こった世界最大にして世界最悪の放射能災害によって、特に、東北、関東の人々は重大な内部被曝のリスクに晒され続けています。それは、身近な人々の「突然死の報」によって、いっそう脅威を増しています。
2011年3月15日、確かに東京の空にはチェルノブイリ事故のときの数百倍、数千倍の放射性物質が舞っていたのです。
平成23年12月26日、東京都の産業労働局が発表した「ごくごく控えめな」公式データによれば、「東京都民は、2011年3月の1ヵ月間だけで3600ベクレルもの放射性物質を吸入摂取している」ということです。埼玉県、千葉県は言うに及ばず。
出典:放射能汚染と糖尿病の激増~相次ぐ「突然死」の裏で何が起こっているか | 3ページ中6ページ目 | マネーボイス
チェルノブイリ原発事故後、糖尿病が急激に増えたことです。北ウクライナとベラルーシのゴメリ地域では、1998年、過去最高の糖尿病発症率を記録した
三浦院長は外科医で、糖尿病が専門ではありませんが、公立病院の院長の立場で福島の児童に異常な確率で糖尿病が発症していると証言した。
すかさず原子力ムラの宣伝機関は、この記事を取り上げて、「精神的ストレスが直接的な原因ではないとしても、ストレスによって生活習慣が乱れると、2型糖尿病のリスクが高まることがある」と結論付けていますが、2型糖尿病は、10歳以下の子供には発症しないというのが医学界の定説
出典:放射能汚染と糖尿病の激増~相次ぐ「突然死」の裏で何が起こっているか | 3ページ中6ページ目 | マネーボイス
日本人の膵臓がんは戦後12倍。核実験と膵臓の病気はシンクロしている
1981年から2002年の間に、アメリカの糖尿病罹患者は580万から1330万に増加しました。それと同時に、原子力発電所の稼働率は40~50%から92%に増大しています。
イットリウム90は、ストロンチウム90の核から電子がはじき出されると生成する元素です。このようにストロンチウム90からイットリウム90に変換します。
そこで実験動物の内蔵を調べた結果、ほかの臓器に比べて膵臓にもっともイットリウム90が蓄積していることが判明しました。
膵臓は、そのランゲルハンス島という場所にあるβ細胞(ベータ細胞)からインスリンを分泌する重要な臓器です。それがダメージを受けると2型糖尿病になり、血糖値を増大させます。
出典:放射能汚染と糖尿病の激増~相次ぐ「突然死」の裏で何が起こっているか | 5ページ中6ページ目 | マネーボイス
福島第一原発からはストロンチウム90が海洋に放出され続けている
放射線と糖尿病 <ストロンチウム90→β崩壊してイットリウム90→膵臓に集注→糖尿病多発>というメカニズム
ストロンチウム90は、文部科学省の予測ではセシウム134,137のおよそ1/1000とされてきましたが、実際は17%~62%のセシウム比で検出(海上保安庁)
「アメリカのスターングラス博士が、脳の神経細胞のニューロン間通信に使われるカルシウムイオンの替りにストロンチウム90が脳に入り、前頭葉でβ崩壊すると、突然の意識消失やてんかんのような症状が起きると言っている。これが突然倒れる人が関東で増えている原因。運転危険」
たね蒔きジャーナル 小出裕章 福島第一原発レベル7について 4号機について ストロンチウム90について
ストロンチウム密度はセシウムの400分の1でも危険度は300倍・・・アメリカ政府が発表した日本のストロンチムの汚染地域の恐怖・・・ 人類史上最も毒性の高い物質はα線(ストロンチウム)を出す物質!
ストロンチウム密度はセシウムの400分の1でも危険度は300倍追加 (2)ストロンチウムのリスクストロンチウムは骨に吸着すると、排出するのに5年間で25%しかでてこない。…
<福島原発事故:保存版>今も緊急事態宣言は解除されていない?まず真っ先にやることは子供たちを汚染地帯から避難させること:小出裕章
<これ自業自得というのか被害者というのか・・・?> 「安全です」と繰り返し市民に電話回答してた”いわき市の職員” 『健康被害』で、北九州へ避難
放射能被害「知人が心筋梗塞で突然死。 享年33歳。過去に病歴なし、前日までピンピンしていた」 原発事故被害・・・ただちに影響はない、すなわち「何年か後に確実に影響がある」の時期に突入している
突然死が急増!若者が、心筋梗塞で倒れています!関東圏で突然死が増えているのも当然。心臓には放射能が体内平均の10倍濃縮。ほんの数ベクレルでも毎日食べると危険ですぞ!追加 …
311前、新宿は2Bq/kg以下だった。福島原発爆発後の新宿は790Bq/ kg、更に増加中・・・東京電力原発事故、その恐るべき健康被害の全貌
2011年3月11日の東京電力原発事故によって、東京にも放射性物質が降りそそぎました。、それが原因となって、あらゆる被曝症状が急増しつつある。その健康被害の実態を、理論によ…
<もう住めないよ!>首都圏で線量が除染基準の10倍近い街も・・・ 福島より放射能汚染が深刻なホットスポット判明<週プレNEWS 2016.03.25>
首都圏で線量が除染基準の10倍近い街も…福島より放射能汚染が深刻なホットスポットが判明!追加 追加 首都圏で線量が除染基準の10倍近い街も…福島より放射能汚染が深刻なホ…
古舘伊知郎が懺悔告白、 テレビはウソしか伝えていない! ホントのところは新聞も 雑誌もテレビも伝えないし、 世の中って うそ八百で成り立ってるし… 自分の感ずるところ、 思うところをなかなか言えない。 表の報道をしてて、 裏の背景をあんまり言えない…
golden-news2.com/nuclearpowerplant/2016-04-14-1268.html
【記録】2011年3月14日11時1分。
臨界による核爆発が起きる(2011年3月14日、日本テレビお昼のニュースより)。
この映像を流した責任を問われ、日テレ報道局デスク木下黄太氏は、日本テレビを退職することになった。


【必見動画】
放射能は今でもこわいよ! 子どもを守ろう! 11.7新宿アルタ前デモ 2015年11月7日(土)(録画)
twitcasting.tv/7l2cnc/movie/214443259 (動画)
【必見・拡散『チェルノブイリ・ハート』無料配信】
映画『チェルノブイリ・ハート』は、一人でも多くの日本人に見せてください。
無料で見られます。
一億人が見たら変わります。
一人でも多くつないでください。

https://twitter.com/Lulu__19/lists/radioactivity>

〔新国康正氏(大江戸温泉物語東山グランドホテル料理長)8日急死(60)*会津若松...

〔新国康正氏(大江戸温泉物語東山グランドホテル料理長)8日急死(60)*会津若松市〕www.minyu-net.com/news/okuyami/FM20161110-126025.php 新国康正氏(=大江戸温泉物語東山グランドホテル料理長、会津調理師庖技会長)8日死去、60歳。
自宅は会津若松市本町〇〇。
通夜10日告別式11日会津若松市本町 略喪主は妻・今日子さん。
***近年、50代&60代はもとより、30代&40代or20代&10代以下の訃報が激増している異様な兆候に戦慄を覚えます。
齋籐浩之氏((株)平木材市場製品部課長)2016年11月6日急死(53) *いわき市大橋雄二氏(銀嶺食品相談役)2016年11月2日「難病」悪化で急死(60)*福島市西條昭司氏(元西条タクシー常務)2016年11月5日急死(57)*郡山市大楽久男氏(喜建築㈲代表取締役)2016年11月3日急死(62)*いわき市酒井正勝氏(「酒井屋」代表)2016年11月1日急死(50) *いわき市阿部克一郎氏(常磐工業代表取締役)2016年10月30日急死(45) *いわき市鈴木徹氏(元福島県北地方振興局次長)2016年10月25日急死(64)*福島市斎藤邦雄氏(斎藤邦雄税理士事務所代表)2016年10月20日急死(61) *いわき市渡辺誠氏(「第5天心丸」船主)2016年10月21日、急死(58) *北茨城市加藤米男氏(サンケン会長)2016年10月20日、急死(61)*福島市鈴木正行氏(植田郵便局郵便部課長)2016年10月18日急死(60) *いわき市赤津庄一氏(総合cleaningヤマゼン代表)2016年10月17日急死(58) *いわき市根本彰彦氏(いわき市公園緑地観光公社理事長)2016年10月17日急死(62)金成進一氏(㈲宣通・代取)2016年10月16日死去(65) *いわき市五十嵐正氏(福島・下郷町消防団副団長)2016年10月13日急死(60)大竹康裕氏(大竹商店代表)2016年10月10日急死(61) *いわき市紺野裕之氏(㈱建誠・工事部課長)2016年10月10日、急死(45) *いわき市鎌倉秀春氏(鎌倉左官工業代表)2016年10月2日死去(64) *楢葉町椎野幸嗣氏(元祖円盤餃子満腹店主/福島市)2016年9月21日死去(61)渡辺一雄氏(元福島・本宮市消防団長)2016年9月18日死去(68)佐藤勝比呂氏(諏訪神社宮司 /福島・いわき市)2016年9月14日急死(54) 浜津三千雄氏(福島民報社監査役)2016年9月12日、多発性脳梗塞で死去(65)*郡山市山野辺美恵子さん(みのり会館社長の妻)2016年9月9日死去(59)*石川町 吉田世紀子さん(元長橋病院病棟看護師長)2016年9月5日急死(61)*いわき市宇野佳治氏(「初治」代表取締役/ドラマー)2016年9月4日急死(55) 石橋秀郎氏(石橋工業社長)2016年9月3日、郡山市の自宅で急死(48)髙木桂三氏(いわき市/アルパイン技研(株)経営推進部部長)2016年8月15日急死(51) 村田勝利氏(茨城サービスエンジニアリング土木建築部課長)2016年8月4日急死(57) *いわき市山野邊良典氏(東邦亜鉛㈱小名浜製錬所総務課長)2016年8月6日急死(60) 横山茂幸氏(福島市消防本部福島消防署清水分署救急第1係長)2016年8月2日急死(54)村上直人氏(いわき魚類㈱塩干部加工課・課長)2016年7月6日急死(52) 林出淳一氏(大東銀行・会津支店長代理)2016年6月20日急死(56)*会津若松市横田政典氏(福島県警取り調べ監督業務推進室長)2016年6月8日、福島市の自宅で急死(57)伊東誠氏(福島市/福島県教育庁施設財産室主幹)2016年5月27日急死(51)菅野浩氏(福島市/福島民友新聞社総務局専門委員)2016年5月25日、急死(47)等note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n265367から遡っていけばお分かりの通り、特に福島・東部、北&南茨城方面の若年層の訃報については、1F事故後、ほぼ毎日のように断続的に相次いでいるので、記録を続けている当方も特に人道感覚が若干麻痺してきており、鎮魂の次元を通り越してもはや死者の統計上の数値としてしか見られなくなってきました。
従って、今回の若年層の訃報も、決して珍しいケースとはいえないどころか、特に福島・東部、北&南茨城方面に関しては、日常茶飯事のレベルと言えるでしょう。
なお、福島県内でも比較的汚染レベルが低いとされる福島・西部においても、↓の「汚染状況重点調査地域 」の該当地域を中心として近年、比較的若年層の訃報(急死)も目立ってきたように感じています。
*詳しい病名(死因)は不明ですが、最近の(「福島県」を中心とした)東日本広域においても、比較的若年層の著名人の訃報&重篤疾患の急増から推測しても、地理的&時系列的にも、被曝疾患としての側面が非常に強いと言えるのでは?特に、チェルノブイリの経験則から被曝疾患の爆増期に相当する今年2016年度以降、(若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因のある方等)被曝感受性の強い方から順に被曝影響が顕在化傾向にあると言えるのでは? PS〔除染対象の8県102市町村公表 費用は原則国が負担〕(2011年12月19日)www.asahi.com/special/10005/TKY201112190517.html■汚染状況重点調略補足〔突然死:約5万人/年(2010)⇒約11万6660人/年(2014)〕detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315375895...【セシウムの心臓へのリスクを警告】「僅か20-30Bq/kgでも心拍異常が発生。
それが突然死の原因になりうる。
」(バンダジェフスキー博士)<ベラルーシ基準(WBC)>一般成人:「危険レベル」:200Bq/kg「注意レベル」:70Bq/kg〔但し、生殖活動期の男女(特に20代、30代)「注意レベル」:50Bq/kg〕子供:「危険レベル」:50Bq/kg「注意レベル」:20Bq/kg 〔福島で急増するガンと心疾患 / 武田 邦彦・中部大学教授〕(2014年11月25日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n322212~参考~[福島県で急増する「死の病」の正体を追う! ~セシウム汚染と「急性心筋梗塞」多発地帯の因果関係~【第1回】](月間「宝島」2014年8月26日)[福島県でなぜ「ガン死」が増加しているのか? ~誰も書けなかった福島原発事故の健康被害~【第2回】](月間「宝島」2014年8月26日)〔緊急に報道に望む~福島の被曝の状況と病気を報道してください!〕(2015年7月12日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n352719

>>詳しい病名(死因)は不明ですが、↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ これでもとにかく人が死ねば『ほ~しゃの~!』と喚き散らすクズ野郎!!

これから何が起きるのか?
私の知恵ノートから回答いたします。
私は311フクイチ事故直後から、「みんなが想像してる千倍以上恐ろしいことが起きると言い続けてきた」
ほんの1グラム環境に漏れても大変なことになる放射能が数トンの単位で地上に拡散したのだ。
それは広島原爆を数百個も同時に爆発させたほどの凄まじい放射能汚染が起きることを意味するのだから、政府マスコミ電力が吹聴してるような大本営発表ですむはずがなく、まさに日本民族存亡、日本国家崩壊の危機が訪れたと考えねばならない。
私は反原発運動にかかわり、長い時間をかけて世界各地の核実験の影響や放射能事故を調べ、たくさんの被曝事例を知っていた。
放射能被曝障害をデタラメに甘く考えるアホ学者も多いが、過去の被曝事件を少しでも調べれば「放射能が体にいい」などの妄言が、どれほど陳腐、無知蒙昧で唾棄すべき愚劣な発言か誰でも理解できるはずだ。
フクイチ・メルトダウン爆発事故で放出された放射能総量は約8トンで、ほぼチェルノブイリ事故に匹敵するものであった。ならばチェルノブイリで起きたことが、そのまま日本で再現されるのは当然のことだ。
チェルノブイリで、いったい何が起きたのか?
この事故で、ソ連政府も後継のロシア政府も、未だに事故による死者総数は33名と言い張っている。
だが、ウソで固めたことしか言わないソ連、ロシアの公式声明を真に受ける者は人類に皆無だろう。
たぶん当のロシア政府関係者や国民の誰一人信じていない。
身近に放射能による莫大な死者を見せつけられてきたはずだから。
国連機関を装ってはいるが実質、原子力産業の代理機関であるIAEAですら死者4000名と評価していて、これも原子力産業に乗っ取られたICRP国際放射線防護委員会は数万名程度の死亡と評価、信頼性の高い欧州核医学研究機関ECRRは140万人の死者が出たと主張し、これを裏付けるようにウクライナ政府の下部機関も自国だけで、すでに150万人の死者が出たと公表した。
だが、これらの数字すら膨大な死者数の氷山の一角にすぎないのである。
ウクライナ・ベラルーシ現地で被曝者の救援に当たってきた分子生物学者の河田昌東は、被曝が原因と認定される疾病は全体の一割にも満たないと断言している。
これまでICRPが被曝病と認めたのは癌・白血病だけだが、実際に人が死ぬのは心臓病・脳梗塞・糖尿病・多臓器不全など多岐にわたっていて、通常の病気と区別はつきにくく被曝との因果判定は不可能であって、大半の疾病や死亡は原因不明のまま放置されると指摘している。
ICRPの被曝評価は、内部被曝が完全に無視され、外部被曝によるガン白血病に限定された原子力産業擁護の目的に沿った政治的なものであって、実際には内部被曝の影響はICRP評価の600倍に上るというのが矢ヶ崎琉大教授ら内部被曝研究者の常識なのである。
我々は、フクイチ事故後、チェルノブイリ救援にあたってきたドイツの女医の言葉を噛みしめる必要がある vogelgarten.blogspot.com/2011/10/das-leise-sterben.html
【インタビュアー: 汚染地域で生きること言うことを、どのように想像したらいいのでしょうか?
生きるですって? 何よりも人々は死んで行くのです。
静かに死んでいきます。
主に癌が原因ですが、あらゆる病気で人々は死んでいきます。
ストロンチウムも大きく起因しています。
例えばエネルギー交換が不可能となって心筋がやられます。
ベラルーシーで行った診察は、子供達が2歳、3歳、4歳にして急性心不全で死んで行くことを証明しています。
癌だけではないのです。
腎臓不全、肝不全や多くは血液製造障害が原因で人々は死んでいきます。
これらは「チェルノブイリ・エイズ」という名称で知られ、生き延びられるチャンスはほとんどありません。】
いったい、本当の死者は、どれほどなのだろう?
その答は、原子力産業が莫大なカネをばらまいた政府、産業界や学問界には存在しない。
ただ操作されない自然な人口統計のなかにあるはずだ。
放射能の影響のあった地域に起きた人口の変化だけが真実を語ってくれるはずなのである。
ところが、ソ連政府は1986年の事故後、3年間の人口動態統計を隠してしまった。
これには驚いたが、WHOの人口動態統計にソ連の3年間は空白になっている。
つまり、ソ連では、統計すら廃棄せざるをえないほど恐ろしい事が起きたのである。
しかし、何もかも焚書することもできず、漏れ伝えられた情報もいくらか残っている。
そのうち人口動態を推理可能な重要なものが以下のグラフである。
このグラフの示すものは何か?
事故が起きた1986年から8年後の1994年に極端な平均寿命の低下が起きている。
しかし、それ以前は、なだらかな右肩上がりのグラフによって順調に平均寿命が延びていることが分かる。
この激しい凋落の理由について、ロシア関係者や御用学者たちは、91年に起きたソ連政府の崩壊を都合良く解釈し、これによって男たちが絶望しウオッカを飲み過ぎて寿命を縮めたなどとアホ臭いデタラメ解釈を公然と押しつけてきた。
これを京大・今中哲治のような左派御用学者でさえ主張したのには本当に驚かされた。
彼らの主張の根拠は、汚染被害の激しかったベラルーシではこうした凋落が小さいこと。
1600キロと遠く離れたカザフスタンでも同じように凋落傾向があった。
あんな遠くにまで放射能が飛散したはずがないというものだった。
しかし、ベラルーシはチェルノブイリ事故で崩壊したソ連から分離独立したとはいえ、実は事故のあまりの惨禍に恐れをなしたソ連政府関係者が、独立させることで事故被害の後始末と補償をロシアから切り離す目的でウクライナとベラルーシを傀儡政権によって独立させたことが常識なのであって、とりわけベラルーシは利権官僚が傀儡独裁政権を結成してチェルノブイリ被害を含む統計データを捏造してきたことが広く知られている。
またカザフスタンが1600キロ離れて被曝がなかったというのも、とんでもない詭弁であって、同じくらい遠いトルコも激しい汚染に見舞われ、たくさんの被曝死者を出しているし、ヨウ素・セシウム汚染は遠く地中海沿岸諸国や日本や北米でさえ驚くほどの濃度が検出されてきたののである。
ましてカザフスタンはソ連の核実験場として有名で、中国のゴビ核実験場にも近く、被曝の影響を多重に受けて相乗作用が働いている可能性を容易に想像しうるはずだ。
また、フクイチ事故の放射能が1万キロも離れた北米大陸を汚染し、アメリカの著名医学雑誌が1万4千名の死者が出たと正式論文を掲載しているのである。
www.prnewswire.com/news-releases/medical-journal-article--14000-us-deaths-tied-to-fukushima-reactor-disaster-fallout-135859288.html
1万キロ離れたアメリカで、わずか数ヶ月のうちに14000名の被曝死者が出たことが事実なら、日本では、いったいどれほどの人々がすでに死亡し、これから死亡するというのだろう?
これを、上のロシア平均寿命グラフから大ざっぱに推測してみよう。
本来ならOECD諸国平均の順調な右肩上がりグラフがロシアにおいても期待されるはずであった。
ところが94年、女性で74歳だった期待水準に比べて71歳、3歳も低下し、男性も65歳より57歳になって8年も低下していて、平均8%低下を意味していると考えられよう。
ロシアの人口が1.5億人だったので、1.5億×8%=1200万人 が実質的に寿命を失ったことになる。
しかも、これは94年だけの話だ。
事故以来の毎年の期待寿命からの乖離を積み重ねれば実に恐ろしい数字が出てくる。
これはチェルノブイリ事故の、期待される寿命に対する失われた余命、延べ総死者数がロシアだけで数千万人に迫る可能性を意味するのではないか?
この厳密な計算は難しいが、読者には直感的に判断願う。
これが酒を飲み過ぎたせいだと?
バカも休み休み言え!
私は、これと同じことが、これから日本で起きると主張してきたのだ!
これから、恐ろしい数の人々が死んでゆく。
仮に日本人の寿命が1割低下したとすれば、期待される余命を人口に換算するなら、やはり数千万の単位になる。
放射能が飛散した全世界で失われた命の総数は、おそらく億に達するであろう。
事故後25年を経たベラルーシの現状は凄まじいものだ。
生まれてくる子供のうち、健全な者は20%しかいない。
それも見かけだけの話で、多くは知的低下を来している。
日本も必ず同じようになるはずだ。
まともに生まれてくる子供たちは、ごく一部にすぎない。
そして大半の子供が知能低下を来すはずだ。
広島長崎の被曝データを検証した米軍ABCCの後継機関である放射線影響研究所は、さらに恐怖のデータを示している。
www.rerf.or.jp/radefx/uteroexp/physment.html
それは、胎児で5ミリグレイ(≒シーベルト)被曝した場合、4.4%が重度知的障害児として誕生するというものだ。
たぶん、半数以上が軽度の知能低下を来すだろう。
1962年核実験の影響を調査した米海兵隊の統計では、62年生まれのIQが無被曝年度兵に比較して10以上低かったと「被曝国アメリカ」という本に記載されている。
福島周辺、おそらく東京都内ですら、3月の妊婦の被曝量はミリシーベルトの単位に達していたはずだ。
稼働原発事故の初期は莫大な短寿命核種で汚染されるからだ。
日本政府が放射線測定を始めたのは、そうした短寿命核種が消えた4月以降のことであった。
これも政府関係者があまりの凄まじい線量と被曝を隠蔽する目的で意図的に計測しなかったことは明白だ。
したがって、これから真の地獄が認識されるようになる。
知的障害は出生直後には分からない。
数年してはじめて分かるものだからだ。
blogs.yahoo.co.jp/tokaiama/22327354.html>

〔斎藤邦雄氏(斎藤邦雄税理士事務所代表)20日急死(61) *いわき市錦町原田〕

〔斎藤邦雄氏(斎藤邦雄税理士事務所代表)20日急死(61) *いわき市錦町原田〕www.0983-iwaki.com/逝去日:平成28年10月20日告別式:平成28年10月27日13:00斎場:山光堂メモリアルホール迎賓館 喪主:長女の夫?豊様住所:福島・いわき市錦町原田〇〇***近年、50代&60代はもとより、30代&40代or20代以下の訃報が激増している異様な兆候に、戦慄を覚えます。
渡辺誠氏(「第5天心丸」船主)2016年10月21日、急死(58) *北茨城市大津町加藤米男氏(サンケン会長)2016年10月20日、急死(61)*福島市北沢鈴木正行氏(植田郵便局郵便部課長)2016年10月18日急死(60) *いわき市泉ケ丘赤津庄一氏(総合cleaningヤマゼン代表)2016年10月17日急死(58) [いわき市山田町塙沢]根本彰彦氏(いわき市公園緑地観光公社理事長)2016年10月17日急死(62)金成進一氏(㈲宣通・代取)2016年10月16日死去(65) [いわき市平上平窪字八反口]五十嵐正氏(福島・下郷町消防団副団長)2016年10月13日急死(60)大竹康裕氏(大竹商店代表)2016年10月10日急死(61) *福島・いわき市紺野裕之氏(㈱建誠・工事部課長)2016年10月10日、急死(45) *福島・いわき市小名浜大原鎌倉秀春氏(鎌倉左官工業代表)2016年10月2日死去(64) *福島・楢葉町山田岡椎野幸嗣氏(元祖円盤餃子満腹店主/福島市)2016年9月21日死去(61)渡辺一雄氏(元福島・本宮市消防団長)2016年9月18日死去(68)佐藤勝比呂氏(諏訪神社宮司 /福島・いわき市三和町)2016年9月14日急死(54) 浜津三千雄氏(福島民報社監査役)12日、多発性脳梗塞で死去(65) [福島・郡山市](毎日新聞 2016年9月13日)山野辺美恵子さん(みのり会館社長山野辺政幸氏の妻)2016年9月9日死去(59)*福島石川町 吉田世紀子さん(元長橋病院病棟看護師長)2016年9月5日急死(61)[いわき市小川町高萩]宇野佳治氏(「初治」代表取締役/ドラマー)2016年9月4日急死(55) 石橋秀郎氏(石橋工業社長)2016年9月3日、福島・郡山市鶴見坦の自宅で急死(48)髙木桂三氏(いわき市/アルパイン技研(株)経営推進部部長)2016年8月15日急死(51) 村田勝利氏(茨城サービスエンジニアリング土木建築部課長)2016年8月4日急死(57) ◎自宅:いわき市磐上湯長谷町釜ノ前○○山野邊良典氏(東邦亜鉛㈱小名浜製錬所総務課長)2016年8月6日急死(60) 横山茂幸氏(福島市消防本部福島消防署清水分署救急第1係長)2016年8月2日急死(54)村上直人氏(いわき魚類㈱塩干部加工課・課長)2016年7月6日急死(52) 林出淳一氏(大東銀行・会津支店長代理)2016年6月20日急死(56)[福島・会津若松市]横田政典氏(福島県警取り調べ監督業務推進室長)2016年6月8日、福島市の自宅で急死(57)伊東誠氏(福島市/福島県教育庁施設財産室主幹)2016年5月27日急死(51)菅野浩氏(福島市/福島民友新聞社総務局専門委員)2016年5月25日、急死(47)等note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n265232から遡っていけばお分かりの通り、特に福島・東部、北&南茨城方面の若年層の訃報については、1F事故後、ほぼ毎日のように断続的に相次いでいるので、記録を続けている当方も特に人道感覚が若干麻痺してきており、鎮魂の次元を通り越してもはや死者の統計上の数値としてしか見られなくなってきました。
従って、今回の若年層の訃報も、決して珍しいケースとはいえないどころか、特に福島・東部、北&南茨城方面に関しては、日常茶飯事のレベルと言えるでしょう。
なお、福島県内でも比較的汚染レベルが低いとされる福島・西部においても、↓の「汚染状況重点調査地域 」の該当地域を中心として近年、比較的若年層の訃報(急死)も目立ってきたように感じています。
*近年、50代&60代はもとより、30代&40代の訃報が激増している異様な兆候に、戦慄を覚えます。
詳しい病名(死因)は不明ですが、最近の(「福島県」を中心とした)東日本広域においても、比較的若年層の著名人の訃報&重篤疾患の急増から推測しても、地理的&時系列的にも、被曝疾患としての側面が非常に強いと言えるのでは?特に、チェルノブイリの経験則から、被曝疾患の爆増期に相当する今年2016年度以降、(若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因のある方等)被曝感受性の強い方から順に被曝影響が顕在化傾向にあると言えるのではないでしょうか? PS〔除染対象の8県102市町村公表 費用は原則国が負担〕(朝日新聞 2011年12月19日)www.asahi.com/special/10005/TKY201112190517.html略■汚染状況重点調査地域 【福島県】略【茨城県】 日立市、土浦市、龍ケ崎市、常総市、常陸太田市、高萩市、北茨城市★、取手市、牛久市、つくば市、ひたちなか市、鹿嶋市、守谷市、稲敷市、鉾田市、つくばみらい市、東海村、美浦村、阿見町、利根町■除染特別地域 【福島県】略補足〔突然死:約5万人/年(2010)⇒約11万6660人/年(2014)〕detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315375895...【セシウムの心臓へのリスクを警告】「僅か20-30Bq/kgでも心拍異常が発生。
それが突然死の原因になりうる。
」(バンダジェフスキー博士)<ベラルーシ基準(WBC)>一般成人:「危険レベル」:200Bq/kg「注意レベル」:70Bq/kg〔但し、生殖活動期の男女(特に20代、30代)「注意レベル」:50Bq/kg〕子供:「危険レベル」:50Bq/kg「注意レベル」:20Bq/kg 〔福島で急増するガンと心疾患 / 武田 邦彦・中部大学教授〕(2014年11月25日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n322212~参考~[福島県で急増する「死の病」の正体を追う! ~セシウム汚染と「急性心筋梗塞」多発地帯の因果関係~【第1回】](月間「宝島」2014年8月26日)[福島県でなぜ「ガン死」が増加しているのか? ~誰も書けなかった福島原発事故の健康被害~【第2回】](月間「宝島」2014年8月26日)〔緊急に報道に望む~福島の被曝の状況と病気を報道してください!〕(2015年7月12日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n352719

>記録を続けている当方も>特に人道感覚が若干麻痺してきており、お悔みネットで死人の情報を漁ってるような クズはもう人道感覚が無いんだよ。
そうだろ?61歳で亡くなるのがそんなに珍しいか?

〔紺野裕之氏(㈱建誠・工事部課長)10日、急死(45) *福島・いわき市小名浜大原〕...

〔紺野裕之氏(㈱建誠・工事部課長)10日、急死(45) *福島・いわき市小名浜大原〕www.0983-iwaki.com/紺野 裕之様(年齢:45歳) ㈱建誠 工事部課長逝去日:平成28年10月10日15:00通夜日:平成28年10月15日18:00告別式:平成28年10月16日13:00斎場:本多斎苑喪主:兄?紺野統夫様住所:いわき市小名浜大原字堀米〇〇***近年、50代&60代はもとより、30代&40代or20代以下の訃報が激増している異様な兆候に、戦慄を覚えます。
〔鎌倉秀春氏(鎌倉左官工業代表)2016年10月2日死去(64) 〕*福島・楢葉町山田岡〔椎野幸嗣氏(元祖円盤餃子満腹店主/福島市)2016年9月21日死去(61)〕〔渡辺一雄氏(元福島・本宮市消防団長)2016年9月18日死去(68)〕〔佐藤勝比呂氏(諏訪神社宮司 /福島・いわき市三和町)2016年9月14日急死(54) 〕〔浜津三千雄氏(福島民報社監査役)12日、多発性脳梗塞で死去(65) [福島・郡山市]〕(毎日新聞 2016年9月13日)〔山野辺美恵子さん(みのり会館社長山野辺政幸氏の妻)2016年9月9日死去(59)*福島石川町〕 〔吉田世紀子さん(元長橋病院病棟看護師長)2016年9月5日急死(61)[いわき市小川町高萩]〕〔宇野佳治氏(「初治」代表取締役/ドラマー)2016年9月4日急死(55) 〕〔石橋秀郎氏(石橋工業社長)2016年9月3日、福島・郡山市鶴見坦の自宅で急死(48)〕〔髙木桂三氏(いわき市/アルパイン技研(株)経営推進部部長)2016年8月15日急死(51) 〕〔村田勝利氏(茨城サービスエンジニアリング土木建築部課長)2016年8月4日急死(57) 〕◎自宅:いわき市磐上湯長谷町釜ノ前○○〔山野邊良典氏(東邦亜鉛㈱小名浜製錬所総務課長)2016年8月6日急死(60) 〕〔横山茂幸氏(福島市消防本部福島消防署清水分署救急第1係長)2016年8月2日急死(54)〕〔村上直人氏(いわき魚類㈱塩干部加工課・課長)2016年7月6日急死(52) 〕林出淳一氏(大東銀行・会津支店長代理)2016年6月20日急死(56)[福島・会津若松市]横田政典氏(福島県警取り調べ監督業務推進室長)2016年6月8日、福島市の自宅で急死(57)〕〔伊東誠氏(福島市/福島県教育庁施設財産室主幹)2016年5月27日急死(51)〕〔菅野浩氏(福島市/福島民友新聞社総務局専門委員)2016年5月25日、急死(47)〕等note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n265232から遡っていけばお分かりの通り、特に福島・東部、北&南茨城方面の若年層の訃報については、1F事故後、ほぼ毎日のように断続的に相次いでいるので、記録を続けている当方も特に人道感覚が若干麻痺してきており、鎮魂の次元を通り越してもはや死者の統計上の数値としてしか見られなくなってきました。
従って、今回の若年層の訃報も、決して珍しいケースとはいえないどころか、特に福島・東部、北&南茨城方面に関しては、日常茶飯事のレベルと言えるでしょう。
なお、福島県内でも比較的汚染レベルが低いとされる福島・西部においても、↓の「汚染状況重点調査地域 」の該当地域を中心として近年、比較的若年層の訃報(急死)も目立ってきたように感じています。
*近年、50代&60代はもとより、30代&40代の訃報が激増している異様な兆候に、戦慄を覚えます。
詳しい病名(死因)は不明ですが、最近の(「福島県」を中心とした)東日本広域においても、比較的若年層の著名人の訃報&重篤疾患の急増から推測しても、地理的&時系列的にも、被曝疾患としての側面が非常に強いと言えるのではないでしょうか?特に、チェルノブイリの経験則から、被曝疾患の爆増期に相当する今年2016年度以降、(若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因のある方等)被曝感受性の強い方から順に被曝影響が顕在化傾向にあると言えるのではないでしょうか? PS〔除染対象の8県102市町村公表 費用は原則国が負担〕(朝日新聞 2011年12月19日)www.asahi.com/special/10005/TKY201112190517.html略「汚染状況重点調査地域」・・放射線量が毎時0.23マイクロシーベルト以上で事故による追加被曝線量が年間1ミリシーベルトを超える区域があることが条件。
略■汚染状況重点調査地域 【福島県】福島市、郡山市、いわき市★、白河市、須賀川市、相馬市、二本松市、伊達市、本宮市、桑折町、国見町、大玉村、鏡石町、天栄村、会津坂下町、湯川村、三島町、昭和村、会津美里町、西郷村、泉崎村、中島村、矢吹町、棚倉町、矢祭町、塙町、鮫川村、石川町、玉川村、平田村、浅川町、古殿町、三春町、小野町、広野町、新地町略■除染特別地域 【福島県】楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村。
略補足〔突然死:約5万人/年(2010)⇒約11万6660人/年(2014)〕detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315375895...【セシウムの心臓へのリスクを警告】「僅か20-30Bq/kgでも心拍異常が発生。
それが突然死の原因になりうる。
」(バンダジェフスキー博士)<ベラルーシ基準(WBC)>一般成人:「危険レベル」:200Bq/kg「注意レベル」:70Bq/kg〔但し、生殖活動期の男女(特に20代、30代)「注意レベル」:50Bq/kg〕子供:「危険レベル」:50Bq/kg「注意レベル」:20Bq/kg 〔福島で急増するガンと心疾患 / 武田 邦彦・中部大学教授〕(2014年11月25日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n322212~参考~[福島県で急増する「死の病」の正体を追う! ~セシウム汚染と「急性心筋梗塞」多発地帯の因果関係~【第1回】](月間「宝島」2014年8月26日)[福島県でなぜ「ガン死」が増加しているのか? ~誰も書けなかった福島原発事故の健康被害~【第2回】](月間「宝島」2014年8月26日)〔緊急に報道に望む~福島の被曝の状況と病気を報道してください!〕(2015年7月12日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n352719

>>今回、詳しい病名は非公表ですが、↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ これでも人が死ねば片っ端から「放射能!」と騒ぎ立てるクズ野郎!

内部被ばく死です。
福島県を初めに北関東や東北が大量死していきます。
そして物流で日本中若死にしていきます。
indianlegend3さんとlulu_01_09さん、いつもいい教えや知識や情報を有り難うございます。
たいへん役だっています。>「これから日本の方々を襲おうとしている健康問題は想像を絶します」ドイツ女医の更なる警告。
チェルノブイリ事故よりもさらに規模の大きい福島原発事故に対する対応ぶりには、私は茫然自失としています。
日本政府が避難地区を事故に見合った範囲に拡大しなかったこと、女性や子供達を即座に安全な西へ避難させなかったことに対しては、ただただやり場のない怒りを感じるだけです。
そうした適切な措置を取る代わりに、国民はシステマティックに騙されてきました。
実際の危険に関する情報は伝えられない、あるいは伝えられても誤った情報である。
なんという無責任でしょう。
これから日本の方々を襲おうとしている健康問題は想像を絶します。
しかも政治と原子力産業はそのことを黙認しているのです!
事故による被害は収束するということを知りません。
自然災害と違って、原発事故の被害は時間の経過と共に減少していく代わりに増大していくのです。
しかもその期間は今後少なくとも300年間にも及びます。
肺癌、甲状腺癌、心臓疾患、腎臓や胃腸の障害、白血病のほか、精神病を病んでいる者もあります。
すでに約十万人が40~50代で亡くなっています。
自殺をした者も数多くあります。
子供の視力障害、白内障が挙げられます。
また女性の間では乳癌が増加し、患者の多くは5年以内に命を落としてしまいました。
もしかしたら被曝によって引き起こされる癌は、通常の生活の中で発生する癌よりもタチが悪いのでしょうか?
奇形の数も増えました。
堕胎は大きなテーマです。
ベラルーシーには避妊費用を負担できる人がほとんどいないのです。
ですからこれは大きな問題です。
また逆に不妊に悩む夫婦の問題も発生しています。
コスチュコヴィッチでは30%の夫婦が、望まない不妊に悩んでいます。
また現在6,7,8,9歳の子供達の間で悪性腫瘍が増加し、新たな問題となっています。
脳腫瘍や骨の腫瘍です。
傷ついた細胞
被曝が直接引き起こす健康被害にはまた、身体又は精神に障害を持つ子供の増加があります。
女性の卵巣は胎児の状態ですでに形成されることをよく知っておかなければなりません。
そして細胞の多くは約8百万個の卵胞に発達します。
母体が受けている傷はすべてこうした細胞に伝達されます。
胎盤という保護膜がありますが、よりによって放射性物質はこの部分に凝縮しやすいのです。
傷ついた卵子は修復されることができません。
誕生時に1~2百万個が傷ついていることになります。
思春期では約40万個がまだ残っています。
依然傷ついたままの卵子を持った母体が妊娠すると、それに応じた障害が引き起こされるのです。
もう一つ知っておかなければならない大事なことがあります。
こうした遺伝子の障害や癌と言った症状の原因はすべて低線量被曝だということです。
これは除染作業員達を襲った被曝症状とは別物なのです。
そして責任者達はこのことを頑なに認めようとしていません。
身体に取り込まれた人工放射性物質が内臓器官を傷つけるのは、波長の短い放射線を発するためです。
放射性物質が細胞を傷けた場合起こりえる現象は四通りあります:
1)細胞は死亡する
2)細胞の機能が障害を受ける
3)細胞は劣化し癌に変わっていく
4)細胞は修復される
4)が可能なのは成長した細胞だけです。
胎児には修復機能は全く備わっていませんし、子供の細胞も修復はできません。
子供の細胞は成長と分裂を行うように出来ているだけで、修復機能は徐々に取得されていくものなのです。
そのため、子供達はひときわ被曝の脅威にさらされています。
福島の妊婦と子供達が即座に避難させられなければいけなかったのもそのためなのです!
blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/9e188bb4636ba0da60b15390...>工作に必死な危険厨放射脳めwww必死すぎて哀れだなwwwwwwwww>福島県民の者です。みんな元気ですよ(*´∀`)>

〔吉田世紀子さん(元長橋病院病棟看護師長)5日急死(61)[いわき市小川町高萩]〕...

〔吉田世紀子さん(元長橋病院病棟看護師長)5日急死(61)[いわき市小川町高萩]〕www.0983-iwaki.com/元長橋病院病棟看護師長逝去日:平成28年09月05日通夜日:平成28年09月10日18:00告別式:平成28年09月11日12:00斎場:やすらぎ会館ラポール平窪 喪主:長男 真仁様住所:いわき市小川町高萩○○***〔宇野佳治氏(「初治」代表取締役/ドラマー)2016年8月4日急死(55) 〕〔石橋秀郎氏(石橋工業社長) 2016年8月3日、 福島・郡山市鶴見坦の自宅で急死(48)〕 〔髙木桂三氏(いわき市/アルパイン技研(株)経営推進部部長) 2016年8月15日急死(51) 〕 〔村田勝利氏(茨城サービスエンジニアリング土木建築部課長) 2016年8月4日急死(57) 〕 ◎自宅:いわき市磐上湯長谷町釜ノ前○○ 〔山野邊良典氏(東邦亜鉛㈱小名浜製錬所総務課長) 2016年8月6日急死(60) 〕 〔横山茂幸氏(福島市消防本部福島消防署清水分署救急第1係長) 2016年8月2日急死(54)〕 〔村上直人氏(いわき魚類㈱塩干部加工課・課長) 2016年7月6日急死(52) 〕 林出淳一氏(大東銀行・会津支店長代理) 2016年6月20日急死(56)[福島・会津若松市] 横田政典氏(福島県警取り調べ監督業務推進室長) 2016年6月8日、福島市の自宅で急死(57)〕 〔伊東誠氏(福島市/福島県教育庁施設財産室主幹) 2016年5月27日急死(51)〕 〔菅野浩氏(福島市/福島民友新聞社総務局専門委員) 2016年5月25日、急死(47)〕 等note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n264364 から遡っていけばお分かりの通り、 特に福島・東部、北&南茨城方面の 若年層の訃報については、 1F事故後、ほぼ毎日のように 断続的に相次いでいるので、 記録を続けている当方も 特に人道感覚が若干麻痺してきており、 鎮魂の次元を通り越して もはや死者の統計上の数値としてしか 見られなくなってきました。
従って、今回の若年層の訃報も、 決して珍しいケースとはいえないどころか、 特に福島・東部、北&南茨城方面に関しては、 日常茶飯事のレベルと言えるでしょう。
なお、福島県内でも 比較的汚染レベルが低いとされる 福島・西部においても、 ↓の「汚染状況重点調査地域 」の該当地域を 中心として近年、比較的若年層の訃報(急死)も 目立ってきたように感じています。
* 近年、50代&60代はもとより、 30代&40代の訃報が激増している 異様な兆候に、戦慄を覚えます。
詳しい病名(死因)は不明ですが、 最近の(「福島県」を中心とした) 東日本広域においても、 比較的若年層の著名人の訃報 &重篤疾患の急増から推測しても、 地理的&時系列的にも、 被曝疾患としての側面が 非常に強いと言えるのではないでしょうか? 特に、チェルノブイリの経験則から、 被曝疾患の爆増期に相当する今年2016年度以降、 (若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因 のある方等)被曝感受性の強い方から順に 被曝影響が顕在化傾向にあると 言えるのではないでしょうか? PS〔除染対象の8県102市町村公表 費用は原則国が負担〕 (朝日新聞 2011年12月19日)www.asahi.com/special/10005/TKY201112190517.html 東京電力福島第一原発の事故による放射能汚染で、 環境省は19日、 東北・関東地方の8県の102市町村を 国から除染の財政支援が受けられる 「汚染状況重点調査地域」に指定した。
放射線量が毎時0.23マイクロシーベルト以上で 事故による追加被曝線量が 年間1ミリシーベルトを超える区域があることが条件。
同省が事前に市町村に指定を受けるかどうか尋ねていた。
指定されるのは 岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉県 の市町村。
2012年1月に本格施行される 放射性物質汚染対処特別措置法によって、 市町村が地表から1メートルのところで 0.23マイクロシーベルト以上になる区域を選んで 除染計画を立てる。
すでに除染を始めている場合も対象。
線量の測定や除染に直接関係する費用は原則、国が負担する。
ただし、指定条件にあたる区域があるのに、 「市町村全域で線量が高いと誤解されかねない」 などとして指定を受けていない市町村があるという。
一方、局所的に周囲より線量が高い 「ホットスポット」だけの除染は対象外だ。
千葉県銚子市のように、 指定を受けられないか相談した市町村でも、 線量が高い一定の広さの区域が対象になる として指定を見送ったケースもあった。
また、福島第一原発から20キロ圏内の警戒区域や、 線量が年間20ミリシーベルトを超える計画的避難区域の 11市町村を国が直接除染する「除染特別地域」に指定した。
■汚染状況重点調査地域 【福島県】 福島市、郡山市、いわき市★★★、白河市、須賀川市、相馬市、 二本松市、伊達市、 本宮市、桑折町、国見町、大玉村、鏡石町、 天栄村、会津坂下町、湯川村・・・等々略。
補足〔突然死:約5万人/年(2010)⇒約11万6660人/年(2014)〕detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315375895... 【セシウムの心臓へのリスクを警告】 「僅か20-30Bq/kgでも心拍異常が発生。
それが突然死の原因になりうる。
」 (ベラルーシ・バンダジェフスキー博士) <ベラルーシ基準(WBC)> 一般成人: 「危険レベル」:200Bq/kg 「注意レベル」:70Bq/kg 〔但し、生殖活動期の男女(特に20代、30代) 「注意レベル」:50Bq/kg〕 子供: 「危険レベル」:50Bq/kg 「注意レベル」:20Bq/kg ~「事実を知るには勇気がいる」~ (チャールズ・ロバート・ダーウィン) 〔福島で急増するガンと心疾患 / 武田 邦彦・中部大学教授〕 (2014年11月25日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n322212 ~参考~ [福島県で急増する「死の病」の正体を追う! ~セシウム汚染と「急性心筋梗塞」多発地帯の因果関係~【第1回】] (月間「宝島」2014年8月26日) [福島県でなぜ「ガン死」が増加しているのか? ~誰も書けなかった福島原発事故の健康被害~【第2回】] (月間「宝島」2014年8月26日)

>>詳しい病名(死因)は不明ですが、↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 病名不明でも人が死ねば『ほーしゃの~!』と喚き散らす低能クズ野郎=インディアンの証明だな。
(冷笑)

〔大楽久男氏(喜建築㈲代表取締役)3日急死(62)*いわき市内郷内町〕

〔大楽久男氏(喜建築㈲代表取締役)3日急死(62)*いわき市内郷内町〕www.0983-iwaki.com/大喜建築有限会社 代表取締役。
逝去日:平成28年11月03日11:57通夜日:平成28年11月07日18:00告別式:平成28年11月08日12:00斎場:せきのホール 喪主:長男?大楽久善様住所:いわき市内郷内町堤田〇〇***近年、50代&60代はもとより、30代&40代or20代以下の訃報が激増している異様な兆候に、戦慄を覚えます。
酒井正勝氏(「酒井屋」代表)2016年11月1日急死(50) *いわき市常磐藤原町阿部克一郎氏(常磐工業代表取締役)2016年10月30日急死(45) *福島・いわき市鈴木徹氏(元福島県北地方振興局次長)2016年10月25日急死(64)*福島市飯坂町斎藤邦雄氏(斎藤邦雄税理士事務所代表)2016年10月20日急死(61) *いわき市錦町原田渡辺誠氏(「第5天心丸」船主)2016年10月21日、急死(58) *北茨城市大津町加藤米男氏(サンケン会長)2016年10月20日、急死(61)*福島市北沢鈴木正行氏(植田郵便局郵便部課長)2016年10月18日急死(60) *いわき市泉ケ丘赤津庄一氏(総合cleaningヤマゼン代表)2016年10月17日急死(58) [いわき市山田町塙沢]根本彰彦氏(いわき市公園緑地観光公社理事長)2016年10月17日急死(62)金成進一氏(㈲宣通・代取)2016年10月16日死去(65) [いわき市平上平窪字八反口]五十嵐正氏(福島・下郷町消防団副団長)2016年10月13日急死(60)大竹康裕氏(大竹商店代表)2016年10月10日急死(61) *福島・いわき市紺野裕之氏(㈱建誠・工事部課長)2016年10月10日、急死(45) *福島・いわき市小名浜大原鎌倉秀春氏(鎌倉左官工業代表)2016年10月2日死去(64) *福島・楢葉町山田岡椎野幸嗣氏(元祖円盤餃子満腹店主/福島市)2016年9月21日死去(61)渡辺一雄氏(元福島・本宮市消防団長)2016年9月18日死去(68)佐藤勝比呂氏(諏訪神社宮司 /福島・いわき市三和町)2016年9月14日急死(54) 浜津三千雄氏(福島民報社監査役)12日、多発性脳梗塞で死去(65) [福島・郡山市](毎日新聞 2016年9月13日)山野辺美恵子さん(みのり会館社長山野辺政幸氏の妻)2016年9月9日死去(59)*福島石川町 吉田世紀子さん(元長橋病院病棟看護師長)2016年9月5日急死(61)[いわき市小川町高萩]宇野佳治氏(「初治」代表取締役/ドラマー)2016年9月4日急死(55) 石橋秀郎氏(石橋工業社長)2016年9月3日、福島・郡山市鶴見坦の自宅で急死(48)髙木桂三氏(いわき市/アルパイン技研(株)経営推進部部長)2016年8月15日急死(51) 村田勝利氏(茨城サービスエンジニアリング土木建築部課長)2016年8月4日急死(57) ◎自宅:いわき市磐上湯長谷町釜ノ前○○山野邊良典氏(東邦亜鉛㈱小名浜製錬所総務課長)2016年8月6日急死(60) 横山茂幸氏(福島市消防本部福島消防署清水分署救急第1係長)2016年8月2日急死(54)村上直人氏(いわき魚類㈱塩干部加工課・課長)2016年7月6日急死(52) 林出淳一氏(大東銀行・会津支店長代理)2016年6月20日急死(56)[福島・会津若松市]横田政典氏(福島県警取り調べ監督業務推進室長)2016年6月8日、福島市の自宅で急死(57)伊東誠氏(福島市/福島県教育庁施設財産室主幹)2016年5月27日急死(51)菅野浩氏(福島市/福島民友新聞社総務局専門委員)2016年5月25日、急死(47)等note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n265367から遡っていけばお分かりの通り、特に福島・東部、北&南茨城方面の若年層の訃報については、1F事故後、ほぼ毎日のように断続的に相次いでいるので、記録を続けている当方も特に人道感覚が若干麻痺してきており、鎮魂の次元を通り越してもはや死者の統計上の数値としてしか見られなくなってきました。
従って、今回の若年層の訃報も、決して珍しいケースとはいえないどころか、特に福島・東部、北&南茨城方面に関しては、日常茶飯事のレベルと言えるでしょう。
なお、福島県内でも比較的汚染レベルが低いとされる福島・西部においても、↓の「汚染状況重点調査地域 」の該当地域を中心として近年、比較的若年層の訃報(急死)も目立ってきたように感じています。
*近年、50代&60代はもとより、30代&40代の訃報が激増している異様な兆候に、戦慄を覚えます。
詳しい病名(死因)は不明ですが、最近の(「福島県」を中心とした)東日本広域においても、比較的若年層の著名人の訃報&重篤疾患の急増から推測しても、地理的&時系列的にも、被曝疾患としての側面が非常に強いと言えるのでは?特に、チェルノブイリの経験則から被曝疾患の爆増期に相当する今年2016年度以降、(若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因のある方等)被曝感受性の強い方から順に被曝影響が顕在化傾向にあると言えるのでは? PS〔除染対象の8県102市町村公表 費用は原則国が負担〕(朝日新聞 2011年12月19日)www.asahi.com/special/10005/TKY201112190517.html■汚染状況重点調査略補足〔突然死:約5万人/年(2010)⇒約11万6660人/年(2014)〕detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315375895...【セシウムの心臓へのリスクを警告】「僅か20-30Bq/kgでも心拍異常が発生。
それが突然死の原因になりうる。
」(バンダジェフスキー博士)<ベラルーシ基準(WBC)>一般成人:「危険レベル」:200Bq/kg「注意レベル」:70Bq/kg〔但し、生殖活動期の男女(特に20代、30代)「注意レベル」:50Bq/kg〕子供:「危険レベル」:50Bq/kg「注意レベル」:20Bq/kg 〔福島で急増するガンと心疾患 / 武田 邦彦・中部大学教授〕(2014年11月25日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n322212~参考~[福島県で急増する「死の病」の正体を追う! ~セシウム汚染と「急性心筋梗塞」多発地帯の因果関係~【第1回】](月間「宝島」2014年8月26日)[福島県でなぜ「ガン死」が増加しているのか? ~誰も書けなかった福島原発事故の健康被害~【第2回】](月間「宝島」2014年8月26日)〔緊急に報道に望む~福島の被曝の状況と病気を報道してください!〕(2015年7月12日)note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n352719

なぜ、放射脳キチガイ危険厨の連中は ●政府の言うことは(自分に都合が悪いから)信じない 。
●自分で調べても期待してる答えしか信じない、都合のいい解釈しかしない。
●1ベクレルでもあればリスクだから避けるべきだとしか言わない。
●今迄も日常にあった放射性物質の存在を都合の悪い物だから言及しない。
●健康被害が現状出ていないというと「放射能の影響なんて何年か経たないとわからない!」と言う。
●なのに誰かが亡くなると「これは放射能じゃないのか?怖い!」と言う。
●自分以外の誰かに健康被害が出ることを強く願っている(これ重要)。
こんなおかしなやつばっかりなんだろう? 大人になればなるほど、自分の過ちを認めて元の鞘に戻るのをためらう。
こういう大人に影響されて染まる子供がいたとしたら、それは最大の不幸だろう。
---------------------------------------------------●被害は3年後に出る、影響は5年後に出る、10年後に出る、生まれてくる2世に出る、2世が成人した時に出る 。
●あそこには草木1つ生えない。
あの映像はウソだ。
まだ70年経ってない、被曝した土地に草が生えてるはずがない。
●行って自分の目で見てこいだって? 被曝したら誰が責任を取るんだ。
◎広島、長崎の原爆の時から、放射脳たちの頭はまったく進化してない っつか、むしろ退化してる。

違反報告済み、以上。>日本全国で毎年何万人生まれ、何万人死んでゆくか。こういうワケの分からない屁理屈、誰が本気にするかなぁ。>福島県立医大はすでにかなりの被曝データをつかんでいる。
私の知恵ノートよりお答えします。
ミシェル・フェルネックス:チェルノブイリの教訓を無視する福島
引用
スイス、バーゼル大学教授のミシェル・フェルネックス博士は、WHO(世界保健機関)のIAEA(国際原子力機関)International Atomic Energy Agency からの独立を求める Independant WHO (Pour l'independance de l'OMS)、またIPPNW(核戦争防止国際医師会議)のメンバーでもあります。
記事は氏が日本を訪問された後のインタビューです。
私は同大学の教授四人に会うことが出来た。
心臓科、泌尿器科、内科そして眼科の医者だ。
彼らは全員放射能汚染に起因する疾患に関してまったく無知だったようだ。
そして若い患者の間に心筋梗塞や糖尿病、眼科疾患が出現するのを見て大変驚いていた。
私は彼らにゴメリ市でバンダジェフスキー教授が独立研究施設ベルラードとの協力の下にチェルノブイリの被害者を対象に行った研究について話した。
バンダジェフスキーの研究は、放射能汚染、特にセシウム137と今挙げた疾患との因果関係を明らかにしている。
福島医大では原発について話してはいけないという指令が出されている。
1人だけ環境学の教授で原発事故の子供への影響を研究しようとしている人がいるが、たびたび脅迫に遭っている。
大半の大学職員は規律を重んじ、自分達のキャリアを守るために目を瞑っている。
これは非常に深刻な事態だ。
日本ほど研究能力のある国は、放射能汚染がもたらす遺伝子の変容についての研究を深め、代々引き継がれていく遺伝子の変異を予防する対処法を開発するべきである。
甲状腺の疾患はすでに出現しはじめているが、癌は潜伏期間が長く、子供が癌や脳腫瘍を発症し始めるのは4年後だろう。
成人の場合はもっと後だ。
体重の軽い赤ん坊の出産が増加している。
女児の誕生は5%減少している。
これは女性の胎児の方が脆弱なせいだ。
先天性疾患やダウン症児の出産数変化に関してはまだ秘密が保たれている。
pfx225.blog46.fc2.com/blog-entry-1309.html
Das leise Sterben 静かな死
これは3月、福島原発が爆発した直後にドイツのニュース専門チャンネルn-tv オンライン版に掲載された記事です。
タイトルからしてあまりに衝撃的で、当時とても和訳する気にならなかったのですが、福島から遠く離れた横浜でもストロンチウムの検出された今、翻訳してみることにしました。
ここでインタビューに答えているドイツの女医ドルテ・ズィーデントプフさんは同じ時期、ドイツ第一テレビARD局の『遺伝子の中で荒れ狂うチェルノブイリ』 にも登場されていました。
ソース:Das leise Sterben
ドルテ・ズィーデントプフさんは20年来チェルノブイリ近郊の汚染地域を訪れ、現地とドイツとで、放射能の被害者達の救援活動を行っています。
ズィーデントプフさんは核戦争防止国際医師会議 IPPNWのメンバーでもあります。
n-tvとのインタビューでは白ロシアの村の人々の悲しみに満ちた生活とその静かな死について、そして原発事故の起こった福島を待ち受けている将来について語ってくださいました。
n-tv:20年間チェルノブイリの放射能犠牲者をご覧になっていらっしゃる経験から、日本人を待ち受けている将来についてどのようにお考えになりますか?
急性放射線障害に脅かされている原発作業員達の運命については誰しも想像がつくでしょうけれども、低線量被曝に晒される何千人、何万人もの人間にも着目しなければなりません。
事故のおぞましい映像や、遅かれ早かれ死に見舞われ、あるいは病に倒れるだろう作業員達の運命にも関わらず、私達はあまりにあっさりと、低量被曝を受けた人々の間に長い年月に渡って広がっていくことになる病気を忘れてしまいます。
n-tv:福島原発周辺地域の放射能汚染に関する具体的な報告はありますか?
残念ながら信頼できる情報はほとんどありません。
セシウムが環境に放出されたとらしいというのが私が最近耳にした情報です。
そこでセシウムを例にとって説明しましょう。
セシウムは生物学的にカリウムと似ており、人間の体は良性のカリウムとセシウムとを区別出来ません。
セシウムは呼吸と食物を通して人体に侵入します。
セシウムの身体への侵入を防ぐことは出来ません。
人間の体に入ったセシウムは独立して細胞に取り付き、細胞のエネルギー源を破壊します。
肝臓であろうと膵臓または脳細胞であろうと問題ではありません。
セシウムに取り付かれた細胞は、隣接する細胞を同様の状態にした後、死亡します。
こうやって不気味な悪循環が始まるのです。
生命は細胞から誕生しますが、この場合、細胞は死の出発点となるのです。
n-tv:細胞に取り付いたセシウムの潜伏期間はどれくらいですか?
それはセシウムを取り込んだ人の年齢によります。
子供は細胞分裂を絶え間なく行っていますから、より大きな危険にさらされています。
成長期にある子供は常にエネルギーを必要とし、常に傷ついた細胞と共存していかなければならないのです。
すでに臓器の成長が終わり、細胞分裂の総数が少ない成人は、即座には脅かされません。そう言う訳で、子供の方がずっと早い時期に悪性の疾患に見舞われます。
チェルノブイリの経験から早ければ一年後から四年後とわかっています。成人の潜伏期間は20年から25年です。
n-tv:つまりチェルノブイリ事故から25年を経た今、当時いわゆる低線量被曝を受けた人間が発病しているということなのですか?
その通りです。当時の大人は25年間生き延び、今病気になっています。
私達はそれを”静かな死”と呼んでいます。
当時の子供達はもうとっくに発病しています。
そして多くが死んでしまいました。
n-tv:人間の生殖活動にはどのような影響があるのでしょうか?
セシウムは遺伝細胞にも存在します。
厄介なのはセシウムが女性の卵巣や卵細胞にも取り付くことです。
これらは再生しない細胞なので、生涯傷つくことになります。
男性の精子は再生しますが、生殖活動の中で、傷ついた情報が伝達されていきます。
そうなるとまったく子供が生まれなくなるか、または生まれても、父親と母親から傷ついた情報を受け継いでいるのです。
その結果はとても想像できません。
日本の責任者達はとっくに女性や子供を西に移住させていなければなりません。
何故彼らがそれを実行しないのか、私には皆目理解が出来ません。
将来大量の白血病が出現するでしょう。
今回のセシウム渦は日本人にとって大変な惨劇です。
しかもその他の放射性核種についてはまだ何もわかっていないのです。
n-tv:ヨウ素とストロンチウムも話題に上っています。
ヨウ素というのは放射性ヨウ素のことで、子供の甲状腺に様々な影響を与えます。
子供達は成長途上にありますから、甲状腺は大人よりも多くの放射性ヨウ素を取り込んでしまいます。
チェルノブイリの経験から、子供達の甲状腺癌が飛躍的に増加することが予測されます。
残念ながら日本の方々は覚悟をしていなければなりません。
n-tv:ストロンチウムは?
ストロンチウムもセシウムに似て、厄介極まりない核種です。
人間の体はストロンチウムも区別することが出来ず、食物に含まれていれば吸収してしまいます。
ストロンチウムは骨と歯に取り付いて放射を続け、血液(つまり赤血球や白血球、血小板と言った基本細胞)を製造する器官のある骨髄を攻撃します。
これらの血液細胞はストロンチウムによって傷つけられます。
それも生涯に渡ってです。
というのはストロンチウムは一度取り付いた場所を離れることは決してなく、そこで短いベータ線を放射し続けるからです。
n-tv:事故を起こした原子炉の周辺地域がどれくらいの時間で再び清浄になったと言うことが出来るデータは存在しますか?
半減期というのは放射線の半分が消滅する期間を指すだけです。
生物環境から放射性核種が完全に消滅する時期を想像するには、それぞれの半減期に10を掛けなければなりません。
ストロンチウムとセシウムの場合はだいたい400年ということになります。
つまり想像しうるあらゆる生物環境いたるところに低量の放射線が存在すると言うことです。
もちろん地下水にも。
n-tv:汚染地域で生きること言うことを、どのように想像したらいいのでしょうか?
生きるですって?
何よりも人々は死んで行くのです。
静かに死んでいきます。
主に癌が原因ですが、あらゆる病気で人々は死んでいきます。
ストロンチウムも大きく起因しています。
例えばエネルギー交換が不可能となって心筋がやられます。
ベラルーシーで行った診察は、子供達が2歳、3歳、4歳にして急性心不全で死んで行くことを証明しています。
癌だけではないのです。
腎臓不全、肝不全や多くは血液製造障害が原因で人々は死んでいきます。
これらは「チェルノブイリ・エイズ」という名称で知られ、生き延びられるチャンスはほとんどありません。
n-tv:事故との共存が社会的に受け入れられることが最終的にあるのでしょうか?
外見上はあります。
私はかれこれ20年に渡って定期的にチェルノブイリの周辺地域を訪れていますが、今でも現地の人々は事故のこと、自分達の将来のことについて語るのを嫌います。
彼らは身を小さくして、死と共に生きています。
死人を出さない家族はありません。
若い人々、うんと若い人々が本来は老人にしかありえない病に侵されています。
チェルノブイリでは、家を出た途端倒れて死ぬ若者がいます。
急性の心不全です。
20歳,25歳,30歳での心不全は決して珍しくありません。
(Peter Poprawa)
vogelgarten.blogspot.jp/2011/10/das-leise-sterben.html



https://twitter.com/Lulu__19/lists/radioactivity>

長文すいません。
息子が大学受験を控えてるのですが、お恥ずかしながら私は大学受...

長文すいません。
息子が大学受験を控えてるのですが、お恥ずかしながら私は大学受験をしてこなかった者なので今の大学の情報があまり理解できていません。
息子の志望校が日大と東海の理系を志望しています。
近所の子が帝京大学に合格したらしく、すごく帝京を勧めてくるのですが、同レベルと言われてるの東海大学工学部と帝京大学理工学部はどちらの方が世間的な評判はいいんですか?あと他にもあるのですが、夫が東海大工学部出身で某自動車メーカーの開発職に就いているのですが、やはり日大よりも東海の方が勧めてきます。
ところが親戚も日大よりも東海を勧めてきます。
私の記憶が正しければたしか東海よりも日大の方がレベルは少し高かったような感じがしました。
生徒数もたしか多かった気がします。
息子も私と同感でしたが息子は東海の方が魅力を感じて楽しそうって言っていて、それなら東海にすればいいと言いましたが、実際はみなさんはどう判断されますか?

超重要!にはknockabout_sevenを始めとした「日東駒専」「ニッコマ」等と検索しては底辺大学とか人生が終わるなどとデマを撒き散らす輩がやたら出没します。
これらの連中は30~40代ニートで社会の劣等感の腹いせを日東駒専にぶつける怪しからん輩です。
こいつらが出てきたらを閉じるor出てきてもスルーすることをオススメします。
受験生の皆様はデマに流されない様に気をつけてください。
日東駒専は総合大学の中ではMARCHと大東亜帝国の間であって勿論れっきとした中堅私立大学であり底辺大学では決してございませんし有名企業からも内定を勝ち取っている学生も毎年存在します。
これらのことは大手予備校の偏差値ランキング、各大学のホームページから内定状況を調べてみれば明らかです。
参考に↓日本大学主な就職先2015日本郵政 101名JR東日本 72名大和ハウス 45名積水ハウス 35名みずほFG 29名スズキ 27名メイテック 27名三菱東京UFJ銀行 24名セキスイハイム 23名JTB 23名三井住友銀行 22名日本食研 22名大成建設 21名リクルート 19名明治安田生命保険 17名大塚商会 17名三菱電機 15名大和証券 15名富士ソフト 15名りそな銀行 15名清水建設 14名ミサワホーム 14名H.I.S 14名SMBC日興証券 13名日本生命 13名日本通運 13名JR東海 12名ANA 12名三井住友海上火災保険 11名伊藤園 11名竹中工務店 10名ソフトバンク 10名千葉銀行 10名野村証券 10名東芝 8名NHK 4名東洋大学主な就職先2015日本郵政 39名JR東日本 24名三井住友銀行 14名千葉銀行 13名JTB 21名三菱東京UFJ銀行 11名明治安田生命保険 11名積水ハウス 11名みずほFG 10名第一生命保険 10名H.I.S 10名ミサワホーム 9名日本生命保険 8名りそな銀行 8名大和ハウス 6名大塚商会 6名トランスコスモス 6名ANA 5名日本食研 4名ソフトバンク 3名ソース↓shukatsu-road.com/

先の回答と一緒です
帝京と東海なら東海大学が上と見られてます
日大だと理工>生産>工学ってなります
東海の工学と日大の理工なら日大
生産でどっこい、工学なら東海
立地で選ぶのが良いと思います
工学は福島って地方のハンデ
理工、生産は千葉だけど、千葉のまた地方です
理工が駅前といえば駅前になります
周りには何もありません>私も長文になりました。長文失礼。
>東海大学工学部と帝京大学理工学部…
比較して考えるまでも無く東海大学工学部です。
両校は決して同レベルではありません。
偏差値は入試方法の工夫で高く見せることも出来る、ただの目安です。
実社会での評価は文系理系を問わず、東海大学が良いというよりも帝京大学が全く芳しくないと言う方が適切かなと思います。
>近所の子が帝京大学に合格したらしく、すごく帝京を勧めてくる…
帝京大学はラグビー部に入るといった立派な目的のある人以外に自発的に進学を希望する人が多くないことは想像に難くありません。
ですので失礼に聞こえるかもしれませんが、恐らくご近所の子は同類の仲間が欲しかったのでしょうね。
東海大学工学部と日大では学科によって違いもありますが…
日大の理工学部なら日大理工学部。
日大の生産工学部なら通学時間などの学生生活面を考慮されては。
日大の工学部なら東海大学工学部。日大工学部は地方(郡山市)にあり、そのせいか少し人気が下がるようです。
>東海の方が楽しそう…
日大は各学部が全国に点在しているので、各々が単科大学の様な感じで落ち着いて静かなのだとか。
これらの単科大学風の各学部をひとまとめに合算すると日本最多の学生数を誇る総合大学となるのです。
東海は平塚にメインキャンパスがあります。
ここに文系理系問わず多くの学部が存在していますので、とても人数が多くてにぎやかであり確かに楽しそうでもあります。
他に札幌や熊本など全国にキャンパスがありますが、規模はそう大きくありません。
いずれにせよ金の掛かる話であり進学するのはご子息ですので、親子で良く話し合われてはいかがでしょうか。
しかし親子でこういった話が出来るのは大変羨ましいことですね。
ご参考になれば幸いです。
追記
>夫が東海大工学部出身で某自動車メーカーの開発職に就いている…
ご主人は学生時代かなり成績優秀だったとお見受けしました。
奥様も良い旦那さん見つけましたね。>河合塾偏差値で日大理工が45?55で、東海大学工学部が35?50なので、日大理工の方が難易度は高いと思います。就職も日大理工の方がネームバリューがあると思います。しかし、日大理工はキャンパスが船橋にあり、交通の便は悪いです。また、日大は学部ごとにキャンパスが違うので、理工学部のキャンパスはサークル活動などが余り活発ではなく、大学生活を楽しめるところではないと思います。まあ人によって楽しいという価値観は違いますけどね。ですので、難易度、就職も大切ですが、学校の雰囲気やアクセスのしやすさ、お子さんが本当に学びたいことなどを総合的に見て考えるのも大切だと思います。>

-清水銀行

© 2020 切ないほど投資信託で負けた乙